【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[6/22〜6/28]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[6/22〜6/28]

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

7月に入り、そろそろ花火大会や夏祭りなどのイベントが増えてくる時期になりました。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、「タブレット端末の出荷台数が前年の187.2%増加した」といった内容の調査記事8本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

2013年 Q1 モバイルデバイス市場、スマートフォン成長が鈍化するもタブレットは急成長― IDC Japan

http://japan.internet.com/wmnews/20130624/2.html

IT 専門調査会社 IDC Japanによると、2013年1~3月の国内モバイルデバイス市場の出荷台数が前年の9.7%増加したことが明らかになりました。
またタブレット端末については前年の同じ時期と比較して187.2%の増加率となったということです。

法人タブレットの市場動向を発表 IDC

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1306/27/news112.html

こちらもIT調査会社のIDC Japanの調査記事です。
2013年にもっともタブレット端末の出荷が期待できる業界は「サービス業」だという結果が発表されました。

タブレット所有者の7割は次世代「iPad」を購入したい – MMD研究所調査

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/26/100/index.html

MMD研究所の調査では、タブレットユーザーの70%が次世代「iPad」の購入を検討しているということが判明しました。
タブレットに対して最も満足している点については、80%が「画面サイズ」を挙げました。

デジタルカメラ(単機能端末)の将来性は? スマートフォン時代の写真撮影動向の変化【リサーチ】

http://markezine.jp/article/detail/17908

こちらはスマートフォンにシェアを奪われつつあるデジタルカメラについてのリサーチ記事です。
20代以下ではスマートフォンを、30代以上の世代ではデジタルコンパクトカメラを利用する層が多いようです。

インドのスマートフォン市場、日本を抜いて中国・米国に続く世界第3位に

http://jp.techcrunch.com/2013/06/27/20130626india-third-in-smartphone-world/

インドのスマートフォン市場規模が日本を抜いて世界3位になりました。
Strategy Analyticsによるとインドにおける市場の伸びは、全世界平均の4倍にも達しているということです。

米スマートフォン市場の占有率、アップルとサムスンが1・2位

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=168822

米国のデジタル製品市場調査企業のコムスコアによる調査結果についての記事です。
米国内の13才以上のスマートフォン利用者を対象に市場占有率は、アップルが39.2%で1位、サムスンが23%で2位と集計されました。

ECサイトのスマートフォン対応率は約6割-ファッション・アクセサリーのECサイトは、約9割がスマートフォンに対応

http://at21.jp/web/topic/topic03.html

ECサイトのスマートフォン対応率についての調査記事です。
食品・飲料・産直品のスマホ対応率が最も低く、ファッション・アクセサリーを取り扱うサイトの対応率は90%という結果となりました。

スマートフォン関連ニュース

【コラム】普及率世界1位の韓国、スマートフォンがあって幸せなのか(1)

http://japanese.joins.com/article/270/173270.html

スマートフォン普及率が世界一位になった韓国。
ほとんどの人がスマートフォンを持つ社会で、起こりうる問題点について、ハーバード大学の研究結果とあわせて紹介されています。

緊急インタビュー!スマートフォンの大きさに限界はあるのか?

http://magazine.kakaku.com/mag/pc/id=1227/

6.4型の巨大ディスプレイを持つスマートフォン「Xperia Z Ultra」を発表したソニーモバイルコミュニケーションズ。
この記事ではスマートフォンのサイズについて、同社の社員3名のインタビュー内容が紹介されています。

スマートフォン導入、SNS普及……“従来通り”ではいかないセキュリティ対策のポイント

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1306/28/news001.html

スマートフォンやSNSを企業内に取り入れる際に注意したいのは、セキュリティ対策。
セキュリティ対策のチェックリストや、今後とるべき行動について解説されています。

タブレット関連ニュース

タブレット、子ども1人1台 タイ政府、122万台発注

http://www.asahi.com/international/update/0629/TKY201306290042.html

教育の格差を埋めるため、タイ教育省が教育現場用のタブレット端末を発注しました。
2011年の総選挙で掲げられた「子ども1人に1台のタブレットを」という公約を実行に移したと見られています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマートフォンに対応していないECサイトは全体の41%という結果がでていました。

産地直送品やサービス・チケットなど、まだまだスマートフォンからのアクセスが期待できる商材もありますので、早めに対応させることが重要ではないかと思います。

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+