【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[6/29~7/5]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[6/29~7/5]

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

仕事帰りの京都は、そろそろ祇園囃子が聞こえてくるようになりました。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、「スマートフォンのみを持つユーザーのEC利用率が60%以上ある」といった内容の調査記事5本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

「テレビとネットの連動」で情報もっと共有したい 意識調査から浮かんだ最新事情

http://www.j-cast.com/mono/2013/07/05178794.html

イードによる「テレビに関する意識調査」の結果が発表されました。
インターネットを利用してテレビを使いたい場面として、「番組への参加」や「WEB・動画共有サイトへのアクセス」が上位に挙げられています。

スマートフォンにケースをつけない理由

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20130704-OYT8T00553.htm

gooリサーチで行われた調査にて、スマートフォンにケースを付けない層が全体の4分の1を占めていることが明らかになりました。
理由として、「かさばる」「デザインが気に入らない」などが挙げられているようです。

【スマートフォンのカメラ機能に関するアンケート調査】直近1年間にスマートフォンで写真を撮った人は,スマホ所有者の9割強。動画を撮った人は5割弱

http://gihyo.jp/ad/pr/2013/NRR2013113563

スマートフォンのカメラ機能が、どれくらい利用されているかの調査データが発表されました。
カメラ機能を利用する頻度としては月に2~3回程度が多い様子です。

スマートフォンユーザー比率は43.3%、女性比率の増加傾向続く【マルチデバイス利用動向調査】

http://markezine.jp/article/detail/18101

D2Cが実施した調査から、スマートフォンユーザーの比率は43.3%にまで伸長していることが明らかになりました。
男女別の比率では、女性の割合が増加傾向にあるということです

2013年5月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは52.4%に上昇

http://getnews.jp/archives/375429

アメリカのネット調査会社ComScoreが発表した、米国のスマートフォン市場シェアについての記事です。
AndroidOSのシェアが52.4%と最多ですが、メーカー別では依然としてAppleが一位をキープしています。

スマートフォン関連ニュース

Firefox OS,いよいよ本格参入!

http://gihyo.jp/book/pickup/2013/0045

FirefoxをリリースしているMozillaが開発しているスマートフォン・タブレットOS「Firefox OS」
日本では2014年に発売が始まる予定だということです。

スマートフォンで花火を上手く撮るコツ

http://www.gizmodo.jp/2013/07/post_12684.html

季節ももう夏、そろそろ花火大会の計画などを考える頃ですね。
スマートフォンにて花火を綺麗に撮るためのコツが7つ紹介されています。

サムスン、初の「Tizen」搭載スマートフォンのリリースを延期か

http://japan.cnet.com/news/service/35034298/

サムスンが開発中のOS「Tizen」の開発が難航しています。
アプリストアに発生している問題を解決するため、リリース予定を2ヶ月程度延期すると発表されました。

意外に知らないAndroid – スマートフォンが熱くなったときの対処法

http://news.mynavi.jp/articles/2013/07/05/android/index.html

スマートフォンを触っていて「なんだか熱いな」と思ったことはありませんか?
こちらの記事では、Androidスマートフォンが発熱した場合の対処法が紹介されています。

スマートフォン決済サービス「PayPal Here」決済手数料を3.24%に値下げ(なお、Squareは3.25%)

http://www.lifehacker.jp/2013/07/130701paypal_here324.html

スマートフォンでの決済サービスが、熾烈な競争を始めました。
Squareに話題・勢いなど先行されていたPayPalが同様のサービスを「手数料引き下げ」することを発表しました。

タブレット関連ニュース

明治大学、プロモーションサイト「Meiji.net」開設~スマホ・タブレットにも対応

http://markezine.jp/article/detail/18083

明治大学が7月1日にプロモーションサイト「Meiji.net」をオープンしました。
紙媒体のみで取り扱っていた情報の発信と、タブレット・スマートフォンからのアクセスを狙ったレスポンシブデザインを採用しています。

スマホ以上タブレット未満、「ファブレット」は日本で普及するか?

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130701/1050476/?rt=nocnt

サムスンがリリースしている「GALAXY Noteシリーズ」に始まる「ファブレット」が海外で注目を集めています。
今まで以上にディスプレイサイズが多様化していくことになりそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した調査記事を読むと、タブレット端末の使われ方が「スマートフォンとタブレットの間を埋める」意味合いが強いことがわかりました。

海外で注目を集める「ファブレット」のように、今後も「スキマ産業」を狙うような商品がどんどんリリースされることになりそうです。

今後はOSや端末毎にデザインを変更するやり方が厳しくなってくるのではないでしょうか。

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+