【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

無料で使えて便利なSEOチェック関連ツール10選

  • 2013.07.11
  • 2018.09.27
  • 技術
無料で使えて便利なSEOチェック関連ツール10選

SEO

自社サイトへの不自然な外部リンクを大量に保有しているサイトの順位が大幅に下がったり、7月からGoogle AdWordsでもエンハンストキャンペーンに切り替わりと変化の波が大きいSEO関連の業界。

今後はこのようなアップデートに流されることなく(外部リンクに頼らず)、内部で自社サイトの改善できるところを積み重ねていくことが重要になってきます。

内部対策は外部での対策に比べて検索エンジンのアルゴリズムの影響を受けにくく、長期的にみても今後有効な手段です。今回はそんな内部対策の支援をする無料のSEOチェックツールをご紹介。

 

Markup Validation Service

Markup Validation Service
W3Cキャプチャ

国際規格W3Cに基づいたソースコードをチェックしてくれます。かなり詳細にエラーなどを表示してくれるのでオススメ。

 

SEOツールズ

SEOツールズ
SEOツールズ

キーワードを指定すると各検索エンジンでの検索結果順位や、ページランク、被リンク数などを解析してくれます。自分のサイトの弱点が分かるので、どのような対策をすればいいのかを知ることができます。

 

Open Site Exploer

Open Site Exploer
Open Site Explorer

アメリカのSEO会社『MOZ』が提供するSEOチェックツール。リンクや画像のチェックから、ソーシャルメディアでの影響力(要登録)なども計測することができます。

 

XML Sitemaps.com

XML Sitemaps.com
Sitemaps.com

今やSEO対策には欠かせないサイトマップ。こちらはURLを入力するだけで自動で作成してくれます。

 

Ferret PLUS

Ferret PLUS
Ferret PLUS

自身のサイトのSEO対策を点数化、弱点と詳細な対策を表示してくれます。

 

SEOチェキ!

SEOチェキ!
SEOチェキ!

ページの読み込み時間、ファイルサイズ、twitterやFacebookなどのソーシャルメディアのシェア数なども解析。

 

Dead Link.tv

Dead Link.tv
DeadLink

サイト内外のリンク切れを一度にチェックする事が出来るツールです。オープン時のチェックや定期的にリンクが切れていないかをチェックするのに役立ちますね。

 

WODGE

検索エンジン/検索サイト WODGE
WODGE

相互リンクチェックを1度に5URLまとめてチェックすることができます。リンクチェック時に相手サイトのリンク数を見ることができるので、有効リンクを見つける参考に。

 

Pingdom Website Speed Test

Pingdom Website Speed Test
Pingdom

TOPページのURLを入力すれば、ページごとの表示速度を測定してくれる無料ツール。ページからリンクされている他のページの表示速度までチェックをしてくれます。

 

Google検索エンジン最適化 スターターガイド

Google 検索エンジン最適化スターターガイド
検索エンジン最適化スターターガイド

チェックツールではありませんが、Googleが発表している検索エンジン最適化に関する初心者向けガイドです。

ページタイトルの付け方、METAタグの設定、URLの最適化など基礎的なところが多いですが、知っているのと知らないのとでは大きな違いですのでまだ未見の方は読んでいて損はないはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらのツールを使ってじっくりと時間をかけて改善していくことで、サイトの内容も充実しユーザーに良質なコンテンツを届けることができるようになります。

良質なコンテンツは良質な被リンクを得ることも考えられるので、すぐに結果として出なくとも、地道に改善していきましょう。

上林

photo credit: infocux Technologies via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+