【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブWebデザイン海外事例からみるECサイトのトレンド

レスポンシブWebデザイン海外事例からみるECサイトのトレンド

Monki

海外では一般的になってきているレスポンシブECサイトですが、今回はイギリスからの事例をご紹介いたします。

サイト名 Monki
URL http://www.monki.com/
QRコード monkiQRコード
トレンドはシンプル

レスポンシブWebデザインに対応した海外ECサイト。TOPページでは、独特で奇抜なデザインが海外ECサイトらしいセンスの良さを感じます。 JavaScriptも多用してデザインだけではなく、操作性もこだわった作りになっています。

各デバイスTOP画像

一方商品一覧ページや商品詳細へと進むと、TOPとは違いそのシンプルさが目につきます。

トレンドはシンプル

最近国内外問わずECサイトを見ていると、海外のサイトは「シンプル」であることがトレンドとなっており、日本のEC事情とはまた違った側面が見えてきます。

写真やイラストのクオリティーを高め、商品情報は最小限に、より素材の良さをアピールできるようにビジュアルで訴えかける傾向が多く見られる海外ECサイトに比べ、日本のECでサイトでは商品情報をきっちりと掲載し、どのように使うのか、どんな素材が使われているのかなどより多くの情報を見せることが商品購入のポイントとなります。

モバイルECでの不満点を聞いたアンケートでは、常に「情報が少ないこと」が上位に上がってることから、どちらがいいか悪いかではなく、その国・地域の商習慣やユーザーの動向を見極めてサイト構築をしていかなければなりません。(シンプルすぎるサイトはおそらく今の日本ではコンバージョンは期待できないでしょう)

モバイルサイトの不満点は「情報量が少ないこと」

スマートフォンユーザーのECサイト利用実態調査(IMJモバイル)
商品ページ、在庫なしが分かりやすい

商品ページ

カートに商品を入れる際、在庫が無いものは、フォームで選択する時点で選択できないような仕様になっています。SOLD OUTのように在庫が無いものは選択できないだけではなく売り切れと表示されているのもユーザーにとっては分かりやすい表現となっています。

カートに入れるボタン

カートに入れる

カートに入れるボタンを押すと、右画像のようにアラートで『カートに商品を入れました、チェックアウトしますか?』とポップアップが出ます。コンティニューを押すとそのままカート画面へと遷移します。

常にカート内アイテム数を表示

右上にアイテム数が表示されている

カートに商品を入れた際に、ヘッダー右にカートボタンが存在するのですが、非同期でカートに入っている商品が数値で表示されるので、細かいところまでJavaScriptを使いサイトのユーザービリティを向上させています

 

終わりに

The Japan Timesや、Mashableなど大手ニュースサイトも徐々にレスポンシブ化を行なっております。

モバイル化・マルチデバイス化が本格的に進む中で、ユーザーに取って「使いやすい」「買いやすい」サイトの1つの答えがレスポンシブWebデザインなのではないでしょうか。

平原

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+