【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

アパレル系ECサイトで旬な販売方法「コーデ買い」で客単価アップ!

アパレル系ECサイトで旬な販売方法「コーデ買い」で客単価アップ!

コーデ買いとは

アパレル系のECサイトをチェックしていると、最近よく目にするのが「コーデ買い」や「マネキン買い」といった販売ページ。

販売されている商品をお店側がコーディネイトすることで、商品選びを迷っているお客さんへの提案もできますし、まとめ買いによる客単価アップにも繋げることができます。

実際に手にとって確認できないECショップだからこそ、「コーディネイト」という見せ方は必要性を感じますね。

サイト名 109 MEN’S NET SHOP
URL http://e-shop.109mens.jp/mens/
QRコード QRコード
サイトを検証してみる
グローバルメニューに「コーデ」メニュー

グローバルメニューにコーデメニュー
サイトにアクセスすると、サイトのメインとなるグローバルメニューに「コーデ」の文字が目に入ります。「新着」や「セール」と同等に「コーデ」のメニューに対する重要度の高さを感じ取れます。

「コーデ」をタップすると、モデルとともにコーディネイトされた写真がズラリと表示されます。

アイテム一覧から商品詳細ページへ

アイテム一覧から商品詳細ページへ
コーディネイトされた写真から、お気に入りのものをタップすると、使用されているアイテムの一覧が表示されます。アイテム一覧の中から、さらに選択すると、商品詳細ページへ遷移します。

選び間違いを少なくするよう工夫された商品詳細ページ

工夫された商品詳細ページ
アパレル商品のように、「多くの写真を表示させたい」「サイズとカラーのバリエーションが豊富」な場合、狭い表示領域の中でシンプルな見せ方を工夫されています。また、サイズとカラーごとに、「在庫状況」「カートに入れるボタン」「お気に入りボタン」が用意されており、選び間違いを少なくする工夫がされています。

見やすいカートページ

見やすいカートページ
シンプルにまとまっていながらも、必須事項を見落とさないよう、色見やフォントサイズで強弱をつけていて分かりやすい設計です。

決済方法の選択画面と、注文合計金額が同画面に表示されており、また、使用可能なポイントや獲得予定ポイントについても一目で確認することができます。

 

aishipRでの設定方法

ちなみに、上記のような「コーデ買い」ページをaishipRにて簡単に作成することが可能です。

1.「商品カテゴリ」をモデルごとに用意する。

aishipRでは商品カテゴリをモデル毎に用意します
商品管理 > 商品カテゴリ設定 にて、「モデルA」などのカテゴリを新規作成します。

「商品カテゴリ説明文」の箇所に、コーディネイトされたモデル写真や説明文を入力します。HTMLでの編集が可能ですし、カテゴリごとに内容を変更することができます。

2.商品を該当カテゴリに登録する

〔新規登録の場合〕
商品管理 > 登録商品 より、新規商品登録時にカテゴリの設定を行います。

〔登録済み商品の編集の場合〕
商品管理 > 登録商品編集 より、該当商品の【編集】ボタンを押下後、商品カテゴリの設定を行います。

〔CSVによる一括編集の場合〕
システム管理 > 各データのインポートより 商品カテゴリCSV形式でデータをインポートします。詳細はaishipRオンラインマニュアルにてご確認ください。

3.実際のページの見え方

コーデページの見え方
各コーディネイトごとに設定した内容を上記のように表示することが可能です。
商品一覧の見せ方やレイアウトの変更については、管理画面での設定およびCSSでの調整によってカスタマイズすることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、アパレルのサイトにおける「コーデ買い」を取り上げてみました。

ECサイト初心者の方や、自分に合った服を探すのが手間な方にとってこのコーデ買いは非常に便利な買い方の提案となります。

また「コーディネイトする」という見せ方においては、ECショップ側からの提案を購入者に伝える機会にもなるため、インテリアや雑貨などのジャンルにおいても必要性を感じています。

葉糸

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+