【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

AppleがMac OS X Mavericksを無償で提供する理由

AppleがMac OS X Mavericksを無償で提供する理由

FREE

日本時間の10月23日午前2時、AppleのイベントにてiPadの新製品やMacBook Proのリニューアル、iLifeやiWorkの無償化、そしてOS X Mavericksの無償提供が発表されました。

翌朝は眠い目をこすりながら新しいOSへワクワクしながら新しいOSへアップデートしました。

Appleが提供をするOS X(古くはMacOS)ですが、年々提供価格が下がってきており、競合のMicrosoft Windowsとくらべて価格面ではかなり優位性を保ってきております。

とりわけ2009年にリリースされた10.6 Snow Leopardでは、1万円以上価格を引き下げ、OS市場に衝撃を与えたことは記憶に新しいことと思います。次のバージョンである10.7 Lionからはディスクでのパッケージ版が廃止され、ダウンロードのみのインストールへと進化をし、さらに低価格を実現。

そんな低価格なOSを提供しているMacOSですが、今回のOS X 10.9 Mavericksよりついに無償での提供となりました。

OS価格の変遷

 

なぜOSを無償で提供するのか

Windowsを提供するMicrosoftは2014年にWindowsXPのサポートを終了することと、ユーザーにOSのアップデート行うよう、しきりにアナウンスしています。

古いOSのサポートやメンテナンスを続けることはOSを提供する企業にとってもそれだけコストになります。ましてやWindowsXPのリリースは2001年、既に12年も前のOSです。その間にVISTAや7、8といったOSのメジャーアップデートを3度もリリースしているにも関わらず、XPのユーザーは未だ21%と決して低い数字ではありません。

WindowsXPは良く言えば「安定しているOS」、悪く言えばそれだけ攻撃の危険にさらされているOSでもあります。

サポート終了のリスク
WindowsのHPでもサポート終了に伴うリスクを紹介している。

それだけ安定しているOSであるため、ユーザーはわざわざ2万円近く払ってまで最新版のOSへ移行することをしなくなった結果、12年の月日が流れても約21%のシェアを保っています。

一方Mac OS Xでは前バージョンであるMountain Lionのシェアは、発売5ヶ月でOSXの中でシェアトップを獲得。

MacOSシェア

「OS X」のバージョン別シェア、「Mountain Lion」がリリースから5ヶ月でトップに

古いOSをサポートし続けるコストよりも、最新版のOSを無償で提供したほうが企業にとってもユーザーにとっても双方がより安全で安定したサービスを提供/享受することができるという判断なのでしょう。

 

ウェブサイトのIE8対応も同じことが言える

このブログへ訪れる方の中には、「レスポンシブ IE8」といったキーワードで流入されている方も少なくありません。恐らく制作している中でIE8のシェアが多かったり、クライアントからIE8への対応をお願いされておられる方も多いはずです。

しかしウェブサイトでも古いブラウザに対応しようとなると、それなりのコスト(コーディング、サイトチェック、修正等)が発生し、将来的に減っていくブラウザへの対応は結果的に無駄なコストとなってしまう可能性もゼロではありません。

常に最新のブラウザ、OSへのアップデートを意識することでよりコストを抑え将来的にも安心できるサービスを提供できるように思います。

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+