【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

「あとで読む」のEC版、「お気に入り機能」の有効活用事例

「あとで読む」のEC版、「お気に入り機能」の有効活用事例

マルイ-TOP

今回はiPadからマルイで商品を購入しました。

カテゴリページがウィンドウショッピングしやすいレイアウトになっていた印象なので、そちらをピックアップしてご紹介します。

Pocket風に使えそうな「お気に入りボタン」

マルイ-カテゴリ

ショップにアクセスしてまず気になったのは、カテゴリページにある「お気に入りボタン」です。

商品ページにあることは多いのですが、カテゴリー一覧などのリストページにあるのは珍しい印象でした。

マルイ-共有

マルイのECサイトでは、専用サイトながらスマホ・PCどちらでもデータを共有できる仕様になっています。

そのため、「スマホで気になる商品をピックアップして、PCで買う」という「後で買う」買い物が可能です。

マルイ-ほしい物リスト

こちらはお気に入りに登録した商品リストページ。

Amazonの「ほしい物リスト」やPocketの「あとで読む」サービスに似た使い方として利用できそうです。

マルイ-別窓で開かない・・・

「スマートフォンやタブレットでとりあえず気になる商品を登録していく」というショッピングスタイルができると期待していたのですが、ちょっと残念なことも。

こちらの「お気に入りボタン」クリックすると同一ページ上でお気に入りページに移動してしまうのです。

別窓表示または「『お気に入りを見る』ボタンに変化」などであれば、「あとで買う」ができるのですが・・・

カテゴリ画面から複数商品を「お気に入り登録」することができれば、「モバイルで見て、PCで買う」がより捗りそうです。

検索にも1工夫

マルイ-カテゴリ検索

その他利用していて印象的だったことは、カテゴリ検索フォームです。

項目がボタン風になっていたため、スマートフォンからでも非常に検索がスムーズに行うことができました。

カートフォームでもう1点

マルイ-実店舗受け取り

もう一点、カートフォームに「店舗で受取る」を設置できるのは実店舗を持つECサイトの特権ですね。

ネットで購入して、実店舗で試着・受け取りができるのは「Online to Offline」の好事例です。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+