【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】[1/5-1/11]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[1/5-1/11]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[1/5-1/11]スマートデバイス関連のニュース

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週火曜日は最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【2014年はタブレットが普及、国際見本市で新機種が続々】といった内容の調査記事3本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

ECサイトは1つでいい

レポート・リサーチデータ

2014年はタブレットが普及、国際見本市で新機種が続々

MM総研が2013年11月に発表した国内タブレット端末の出荷台数が、2012年の1.77倍の342万台となったことが判明しました。
この結果から、2016年度には1020万台にまで増加すると予測が行われています。

ASCII.jp:2014年はタブレットが普及、国際見本市で新機種が続々

日本のタブレット普及は世界最低ランク?:高年齢層にスマートデバイスの普及は広まるも、活用には遠し

デトロイトで実施された「携帯電話ユーザーにおけるタブレットの国別普及率」調査にて、高齢者市場でもタブレットユーザーが増加していることが判明しました。
一方で日本国内での普及率は世界最低ランクであるとも評価されています。

日本のタブレット普及は世界最低ランク?:高年齢層にスマートデバイスの普及は広まるも、活用には遠し – ITmedia マーケティング

2014年はスマートフォンからタブレットを含む「ウルトラモバイル」の時代へ

米調査会社ガートナーによる2014年のデバイス市場予測が発表されました。
「ウルトラモバイル」とよばれるカテゴリのデバイスが54%の成長をする見込みです。

2014年はスマートフォンからタブレットを含む「ウルトラモバイル」の時代へ | マイナビニュース

スマートフォン関連ニュース

スマートウェア、スマートフォン戦略を語るソニーモバイル黒住氏

「SmartBand」やそれに使用されている「Core」などのウェアラブル製品。
「技術ばかりを追って『距離が遠い』と思われないようにしたい」という黒住氏へのインタビューです。

スマートウェア、スマートフォン戦略を語るソニーモバイル黒住氏 – ケータイ Watch

2013年――デジタルの中心はスマートフォンへ : 企画&リポート

2014年も2週間が経過しました。
新年に備えて家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」を元に2013年を振り返ってみませんか?

2013年――デジタルの中心はスマートフォンへ : 企画&リポート : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

2014年、スマートフォン業界カレンダー――WindowsPhoneに再起はあるか

2014年は「スマホ業界が変化する年」と言われています。
再起を図るWindowsPhoneなど、この1年に起きそうなニュースについて予測されています。

石川温のスマホ業界新聞:2014年、スマートフォン業界カレンダー――WindowsPhoneに再起はあるか – ITmedia Mobile

うスマホの企業導入をためらう理由はない!? 日本初のビジネススマートフォン「F-04F」

スマートフォンを企業の業務で利用することには様々なデメリットがあるという意見があります。
こちらの記事では、「企業での利用」を前提に作られたスマートフォンについて紹介されています。

もうスマホの企業導入をためらう理由はない!? 日本初のビジネススマートフォン「F-04F」 – ARROWS×ケータイ Watch

6割が危険な状態のまま!スマホの防犯対策に絶対必要なポイント7つ

スマートフォンのセキュリティといえば、意外と忘れられがちなものの1つです。
紹介されている7つのポイントを今一度見なおしてみてはいかがでしょうか。

6割が危険な状態のまま!スマホの防犯対策に絶対必要なポイント7つ – Ameba News [アメーバニュース]

タブレット・ウェアラブル関連ニュース

>国産初のWindows8.1搭載タブレットは買いか否か

種類が増加し続けるタブレット端末。
8インチ型の国産Windowsタブレット「Dynabook Tab VT484/26K」についてレビューが実施されています。

国産初のWindows8.1搭載タブレットは買いか否か | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

キラーコンテンツはバイタルデータ、2016年に1億台–スマートウォッチの未来

昨年から注目が高まっている「ウェアラブル端末」。
今後の課題や見通しについてデータと共に紹介されています。

キラーコンテンツはバイタルデータ、2016年に1億台–スマートウォッチの未来 – ZDNet Japan

ECサイトでもインバウンドマーケティングが重要な4つの理由

Googleによる「ペンギン」「ハミングバード」などのアップデートによって重要視されている「インバウンドマーケティング」
ECサイトでも実施すべき理由について、前篇後編に分割して紹介されています。

ECサイトのインバウンドマーケティング元年がやってきた - 前編:ECサイトでもインバウンドマーケティングが重要な4つの理由 | eコマースコンバージョンラボ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。


”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+