【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

これがないと不便!コーディングに便利なChrome拡張機能3選

  • 2014.01.22
  • 2019.03.07
  • 技術
これがないと不便!コーディングに便利なChrome拡張機能3選

Chrome拡張機能

こんにちは。ECプロデュース部の岡本です。

突然ですが、皆さんはWebサイトのコーディングをどこで実施されていますでしょうか?

私はもっぱらWebブラウザ上、厳密にはGoogleChromeのDeveloperToolsを使っています。

今回はChromeでコーディングをやりたいと思う理由の1つ、「便利な拡張機能」を3つご紹介します。

ECサイトは1つでいい

拡張機能1:FireMobileSimulator for Google Chrome

firemobilesimulator

端末(UA)偽装に欠かせない拡張機能「FireMobileSimulator」です。

元々firefox向けのプラグインなのですが、GoogleChrome向けにもリリースされています。

「UA偽装ならGoogleChromeのDeveloperToolsでできるじゃないか」という意見もあるかと思いますが、それはスマートフォン・タブレットの話です。

弊社ASPではフィーチャーフォンにも対応していますので、フィーチャーフォン向けのブラウザチェックに活用しています。

サーバーサイドで不要なタグを整理する仕様のため、ソースコードを見ながら編集できるようになるのはとても助かっています。

Chrome ウェブストア – FireMobileSimulator for Google Chrome

拡張機能2:Tag Assistant (by Google)

Googleサービスの配信状況を確認できる拡張機能「Tag Assistant (by Google)」です。

(by Google)の文言の通り、Google自らがリリースした拡張機能の1つです。

今やWEBサイトに欠かせない機能となったGoogleAnalyticsやAdwords、そして昨年リリースされたGoogleタグマネージャーなどのタグが正常に動作しているかを確認することができます。

対応しているタグリスト

トラッキングコードの入れ忘れや記述ミスなどがあった場合には、ひと目でわかるようになっています。

アクセス解析や広告などは、正常に動作していないと洒落にならない機能です。

そのため実装させた際は、必ずこの拡張機能で動作を確認するようにしています。

Chrome ウェブストア – Tag Assistant (by Google)

拡張機能3:HTML5 Outliner

HTML5 Outliner

この拡張機能はかなり地味です。

ソース内の構文を解析し、hxタグの順位に基づいてアウトライン化するだけの機能となっています。

しかし内部SEO対策の面から、htmlの構造は可能な限りセマンティックにしたいものです。

そこでこの拡張機能を利用し、見出しに使用するタグがセマンティックかどうかを確認するようにしています。

ECサイト(特にサイト移行の場合など)は規模が大きいため、htmlの文章構造を見失うことがあり、マークアップの最終確認に活用しています。

Chrome ウェブストア – HTML5 Outliner

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この他にも便利な拡張機能はまだまだ存在します。

また機会があれば、コーディング以外のサイト制作に役立つ拡張機能などをご紹介したいと思います。


”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+