【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

もうECサイトにスマートフォン対応は不要、その理由とは

もうECサイトにスマートフォン対応は不要、その理由とは

スマホ対応は不要

これからスマホ対応は必要なし

「さあこれから、スマートフォン向けにECサイトを強化するぞ」とお考えのEC運営のご担当者様、もう既にECサイトにスマートフォン対応は不要です。ECサイトのスマートフォン対応は2012年頃に終了したのです。

スマートフォンでのECサイト利用は2015年(来年)にはPCを上回り、スマートフォンはもっともECサイトを利用する端末となります。またタブレットなどのデバイスでのECサイト利用も急増し、来年にはタブレットでのEC利用はPCと並ぶくらいになります。

2015年にはスマホがECサイト利用の中心となり、タブレットでのEC利用もPCと並ぶことが予想されます

恐らく、各デバイスの利用率は各社の予測値から見ると、スマホ:タブレット:PC=55:22:23くらいの比率になるのではないでしょうか。

デバイスに依存しないコンテンツの提供を

最近顕著になってきた傾向として、デバイス間での引継ぎ利用(デバイスをまたぐ利用のこと)をしっかりと意識したECサイトを考える必要があります。この引継ぎ利用に関してはGoogleもショッピングサイトの顕著な利用傾向として、ECサイトでの対応を強く言っています。

引き継ぎ利用
(出典:2013年7月 Googleマルチスクリーンワールド

引継ぎ利用で意識しなければいけないポイントとしては、デバイスをまたぐ利用の際にユーザに違和感を与えないことです。同ページの閲覧をPCからスマホへ引き継いで利用した際に、コンテンツが異なる・ページが異なる・違和感がある・スマホのコンテンツが薄い・使いにくいなど気をつけなければいけません。

同様のことが、タブレット↔PCでもタブレット↔スマホでも言えます。

要はどんなデバイスで同じページを閲覧しても、同等のコンテンツと使いやすさを提供しなければいけないのです。

PCサイトをベースにしたスマートフォン対応の方向性は?

タブレット・スマホ対応

photo credit: Matt Biddulph via photopin cc

今後EC利用がスマホ中心となり、またスマホだけでなくタブレットも意識したECサイト展開が必要になります。となると今までのようなスマートフォン対応でいいのでしょうか?

要はスマホが中心のECにおいて、PCサイトをベースにスマートフォン対応することがそもそも時代遅れになります。

さらに「スマートフォン対応」だけで、タブレット対応は不要なのでしょうか、もうPCの利用と並ぼうとしているタブレット利用なので、タブレットへの対応も同時に必要です。

またこれからの伸長を考えると重要なデバイスはスマホ>タブレット>PCであることは明らかです。

「スマートフォン対応」のように、デバイス毎に対応するという考え方自体が既に過去のものであることがよくわかると思います。デバイス毎に対応してしまうと結果デバイス間でのコンテンツ格差も生んでしまい、ユーザビリティを低下させることに繋がります。

もうECサイトにスマートフォン対応する時代が終わりを迎え、スマートフォン対応不要になりました。なぜならこの時代に合わせて確立された「レスポンシブECサイト」という、スマホだけでなくあらゆるデバイスに対応させる方法が既に確立したからです。

あらゆるデバイスに対応するレスポンシブECサイト

この「レスポンシブECサイト」という方法は、

今「スマートフォン向けにECサイトを強化するぞ」という方は、これまでのようにスマホ対応(スマートフォンサイト構築や変換ツールを使う)方法か、この「レスポンシブECサイト」という方法か、どちらかの選択をすることになります。

ここで「レスポンシブECサイト」を考えなければ、後々に大きく後悔をする可能性があります。

後悔しないためにも、レスポンシブECサイトをある程度理解しなければなりません。そのために「レスポンシブECサイト」を完全に理解するための冊子(無料ebook)をまとめました。レスポンシブECサイトの登場背景から、そのメリット・導入の課題や効果など、全てか網羅されているので是非参考にしてみてください。

無料eBookを請求する

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+