【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブECサイト導入検討で必ず押さえる2つのポイント

レスポンシブECサイト導入検討で必ず押さえる2つのポイント

レスポンシブECサイト導入の目的

レスポンシブECサイト(レスポンシブWEBデザインのECサイト)を導入検討する際に、先ず考えなければいけないのが、その導入の目的とメリットです。レスポンシブECサイトの導入効果は「導入してわかったレスポンシブECサイトの課題とメリット」のアンケートでも分かるように、大きく以下の3つが上げられます。

  1. サイトの更新が楽になる
  2. タブレットやスマホのCVR(顧客満足度)が上がる
  3. SEO効果(自然検索流入増)

ですから、これらの効果の恩恵をまずは十分満たすようなサイトであることをが大前提となります。これらを考えると以下のようなECサイトはその導入効果が大きくなります。

  • スマホやタブレットでのアクセスが伸びている(もしくは比率が高い)場合
  • 少なくともスマホ、タブレット、PCへのデバイス対応をしたい場合
  • ページ数が比較的多く、更新頻度が高い場合
  • 少ない人員で効果的に各デバイスに対応したい場合
  • 検索エンジンからの流入を重視する場合

逆に、以下のような場合はその導入効果は大きく得られない可能性があります。

  • そもそもマルチスクリーン対応が必要ない場合
  • 更新頻度も、ページ数も少ない(ex単品通販など)場合
  • レガシーブラウザ対応が必要な場合
  • デバイス毎にユーザ利用シーンが全く異なる場合

参考:ECサイトにレスポンシブWebデザインは不向き?レスポンシブが向いているサイトとは

これらの導入効果を考え、そもそもレスポンシブECサイトを導入すべきかどうか、そもそもの「導入目的」を明確にする必要があります。

ページ読込速度の問題解決

読み込み速度の問題解決

この問題は導入検討の際に必ず必要となります。これを検討しておかなければ、いざレスポンシブECサイトを導入したにも関わらず『ページ表示が遅すぎて売れない』という結果になってしまいます。

そもそも、レスポンシブECサイトには「ページ読込速度が重い」という問題がありました。レスポンシブECサイトはどのデバイスでも同じソースコードや画像などのコンテンツを利用するために、スマホでも大きなサイズのページ・コンテンツをダウンロードしてしまうためです。ですから、通常のサーバ上にレスポンシブECサイトを構築してもこれらの問題は解決できません。

これらを考慮するとEC-CUBE等のオープンソースを利用する場合や、フルスクラッチでシステム構築する場合は注意が必要です。

このページ読込速度の問題解決のために、EC用アプリケーションや制作サイトのみならず、EC用のアプリケーションを運用するサーバサイドでの処理(RESS)が必要となります。

また、ASPを利用する場合も同様に、これらのRESSやCDN搭載のレスポンシブECサイト専用ASPを選定する必要があります。

これらの処理をサーバ側で施すことで、以下のように読み込み速度に大きく違いが出ます。

オープンソースのECCUBEとレスポンシブEC専用ASP-aishipRのレスポンシブWEBデザインでのECサイトロード時間比較

aishipRとECCUBEのレスポンシブサイト

【1】普通のサーバ上に構築したECCUBEレスポンシブECテンプレートサイト(右)

ロード時間……6.42秒

【2】RESS技術やCDNが施されたaishipRサーバ・プラットフォーム上に構築したaishipRレスポンシブECテンプレートサイト(左)

ロード時間……2.65秒

国内の主要な非レスポンシブECサイト構築ASP・モールの5社-10店舗のLTEでのスマートフォン平均表示速度(ロード時間)の比較

レスポンシブECサイトと非レスポンシブECサイトの表示速度比較

aishipR 2.85秒  
主要ASP5社平均 4.02秒

※詳細は「速いレスポンシブECサイト。もう遅いと言わせない、レスポンシブWEBデザインのECサイト表示速度

表示速度は売上効果に直結する部分ですので、これらのことを考慮すると、『レスポンシブECサイトはレスポンシブEC専用プラットフォーム(サーバ、ネットワーク、アプリケーション)上で構築運用すべき』ということが分かります。

その他、構築の際に抑えるべき点等は諸々ありますが、大きくこれまでのECサイトとは変わりありません。まずは、この2点を導入検討の際に大前提として検討をお勧めします。

レスポンシブECサイトの導入相談、無料お見積はこちらまで。
aishipRお問合せ

岩波

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+