【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

展覧会の特設サイトもレスポンシブ化!「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」

展覧会の特設サイトもレスポンシブ化!「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」

市立博物館の特設サイト×レスポンシブ

神戸市立博物館で開催されている「メトロポリタン美術館展」のチケットを購入してみました。

レスポンシブWebデザインで、全デバイス対応をしているのはさることながら、今回はその機能性にも着目してこのサイトを紹介していきます。

サイト名 メトロポリタン美術館 古代エジプト展
URL http://met-egypt2014.jp/
QRコード QRコード

美術展

ポイント

レスポンシブWebデザインで作られたサイトです。
どのデバイスでも見やすくなる工夫がしっかりと施されています。以下、4つのポイントから紹介していきます。

1,ファーストビューの大きな画像でイメージを訴求

ファーストビュー

たくさんの商品を取り扱うECサイトとは違い、展覧会という一つのものをプロモーションするのが目的のサイトであるため、ファーストビューに大きな画像をもってきており、非常に印象に残ります。

また、スマホとそれ以外のデバイスで別の画像を表示させるようになっています。

2,スマホ時の固定メニューで回遊しやすい

ヘッダートグル

スマホでは、PC/タブレットで左に合ったメニューがトグルメニューとして格納されています。そしてメニューを開くボタンはスマホ時ヘッダーに固定されているためいつでもタップすることができ、ページ内を回遊するのを助けます。

3,カート内は完全レスポンシブ対応ではない

カート内

カート内は別ドメインで、e-tixというASP型のチケットのカートを利用されているようです。

TOPページ内のチケット購入のバナーをクリックすると、チケットの種別の選択画面など合計2ページがレスポンシブでなく、PCレイアウトで小さいボタンや文字が表示されます。
Buy tickets for 1.メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神【一般】 at 神戸市立博物館(メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神) from Etix

カート内のそれ以降のページについては、ほぼレスポンシブになっており、スマートフォンでストレスがとりわけ大きいということはありません。

4,カート内で「戻る」「進む」をしても情報が残っている

カート内でブラウザの「進む」「戻る」をしても情報が消えずに残っています。
入力にミスがあり、つい「戻る」ボタンを押して入力した情報を入れ直す事になって面倒な思いを経験した事のある方は多いと思います。

故にこの機能、セキュリティ上問題ないのであれば離脱率を下げることに繋がるのではないでしょうか。

5,ユーザー・利用シーンにも合致

博物館ですので当然アクセスマップも掲載されています。

アクセスマップ

博物館・美術館は基本的にユーザーが個人であると推測されます。また移動中のアクセスや展覧会会場内からパンフレットのように閲覧される場合も多いと考えられるため、モバイルへの対応が必須ではないかと思われます。

美術館や展覧会でレスポンシブWebデザインを採用されているところもあります。

他の美術館サイトでもレスポンシブWebデザインに対応

金沢21世紀美術館 | 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.

金沢21世紀美術館

鳥獣戯画展

鳥獣戯画展

終わりに

学校サイトでレスポンシブが増えてきたように、今後、博物館・美術館等、公共施設のサイトでもレスポンシブが増えるのではないかと思います。

参考:学校サイトが今すぐレスポンシブWebデザインを導入すべき理由

次回のサイトレビューもお楽しみに!

黒河

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+