【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【Linuxコマンド・vim初級編】SSH接続だけじゃない!TeraTermでできること

  • 2015.09.28
  • 2016.05.13
  • 技術
【Linuxコマンド・vim初級編】SSH接続だけじゃない!TeraTermでできること
こんにちは。開発部の森川です。

今回は少し趣向を変えて、MS-Windows用の通信ソフト、「TeraTerm」を用いてLinuxコマンドや、エディタの使い方をざっと紹介させていただきます。

このソフトを使いこなすことができれば、他の色々なソフトを行き来することなくコマンドライン上でコーディングやSSH接続等の作業を完結することが可能です。

TeraTermとは

TeraTermとは、オープンソースのターミナルエミュレーター(通信ソフト)です。
MS-Windows 用のフリーソフトウェアであるTera Term (Pro) の原作者公認の後継版として、現在も開発が進められています(最終リリース日時は2015-09-01)。

こちらからダウンロードできます↓↓
Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ – OSDN

基本的なLinuxコマンド

まずはSSH接続

$ ssh ユーザー名@IPアドレス

上のコマンドを叩き、設定しているパスワードを入力すると、SSH接続が可能です。

※注:叩く→「Enterキー」を押すことです。

例:user@192.168.1.1からuser@192.168.11.1へ切替

[user@192.168.1.1]$ ssh user@192.168.11.1
password:設定しているパスワード(入力しても表示されませんが、きっちり入力はできています)

たったの1行+パスワード入力のみで接続を切り替えることができます。

pingコマンド

相手のホストに接続可能かどうかを確認することが可能です。

例えば、自分の公開しているサイトにつながらない時などに、接続が生きているのかどうかを確認することができます。サイトが表示されない場合の問題の切り分けに使う場合が多いです。

書き方:ping IPアドレス

[user@192.168.1.1]ping 192.168.10.1

このコマンドはこちら側で止めてやらなければ処理を投げ続けてしまうため、「Ctrl+C」で処理をキャンセルして停止させてやる必要があります。

接続ができた場合のexitコードは0、できなかった場合のexitコードは1となっています。

他にも指定回数分のpingを実行させることが可能な「ping -c」コマンドや、対象ホストまでのネットワークルートを出力させることができる「ping -R」コマンド等があります。

ping -cコマンド

書き方:ping -c 回数 IPアドレス

[user@192.168.1.1]$ ping -c 3 192.168.10.1

ping -Rコマンド

書き方:ping -R IPアドレス

[user@192.168.1.1]$ ping -R 192.168.10.1

ping -c と -Rの組み合わせ

書き方:ping -c 回数 -R IPアドレス

[user@192.168.1.1]$ ping -c 5 -R 192.168.10.1

lsコマンド

ディレクトリの中にあるファイルやディレクトリの名前を見ることが可能です。

オプションとして、ディレクトリ内のファイルを、隠しファイルも含め全て表示するls -aコマンドや、ディレクトリ内のファイルの名前だけでなく、タイムスタンプや権限、オーナーの情報も含めて表示するls -lコマンド等があります。

また、ls -laコマンドを打てば隠しファイルも含めた全てのファイルの名前、タイムスタンプや権限、オーナー情報を表示させることができます。

書き方:ls

[user@192.168.1.1]$ ls

ls -aコマンド

書き方:ls -a

[user@192.168.1.1]$ ls -a

ls -lコマンド

書き方:ls -l

[user@192.168.1.1]$ ls -l

ls -laコマンド

書き方:ls -la

[user@192.168.1.1]$ ls -la

chmodコマンド

ファイルやディレクトリのパーミッション(権限)を変更することができます。

特定の人のみファイルやディレクトリにアクセスできるようにしたい時、あるいは特定のファイルやディレクトリに誰でもアクセスできるようにしたい時などに使用します。

書き方:chmod パーミッションの種類(後述) ファイルorフォルダ名

[user@192.168.1.1]$ chmod 777 hogehoge

※rootユーザーでログインしている場合のみのコマンドです。一般ユーザーが使うためにはsudoコマンドを先に打つ必要があります。sudoコマンドは許可されたユーザーのみ使用できます。

[user@192.168.1.1]$ sudo chmod 777 hogehoge

権限の種類

u : 所有者の権限
g : グループの権限
o : その他のユーザーの権限
a : 全ての権限
r : 読み込み権限
w : 書き込み権限
x : 実行権限
s : セットID
t : スティッキ・ビット
(すべてのユーザーがファイル・ディレクトリを書き込めますが、rootを除いた所有者だけにしか削除ができなくなります)
+ : 後に記述した権限を付加
– : 後に記述した権限を削除
= : 後に記述した権限にする

権限の種類を表した数字

0 : – – – (権限なし)
1 : – – x (実行権限のみ)
2 : – w – (書き込み権限のみ)
3 : – w x (書き込み、実行権限)
4 : r – – (読み込み権限のみ)
5 : r – x (読み込み、実行権限)
6 : r w – (読み込み、書き込み権限)
7 : r w x (全ての権限あり)

上記でhogehogeの権限を777に変更しましたが、この3桁の数字は左から「所有者」「グループ」「その他のユーザー」の権限の種類を表しています。

それぞれにどのような権限を与えるのか、を数字で指定するので、777というのは、

  • 所有者に全ての権限
  • グループに全ての権限
  • その他のユーザーに全ての権限

を与えるという意味になります。

vim

TeraTermなどのコマンドライン上で起動することが可能なテキストエディタです。操作に一癖ありますが、慣れればメリットも多くあります。

初心者が詰まりやすいポイント

vimの機能は至って簡単で、編集したいファイルをvimで指定します。

[user@192.168.1.1]$ vim 編集したいファイル

TeraTerm上でエディタが起動し、ファイルを編集することが出来るようになります。

モード切替

ノーマルモード、Insert(入力)モード、ビジュアルモード、コマンドラインモードの4つのモードを切り替えて使用します。起動時の状態はノーマルモードです。

他のエディタと全く異なる挙動

例えば他のエディタであれば、ファイルの保存は「Ctrl+S」で行いますが、vimでは「:w」(コマンドラインモードでw)で保存します。通常のエディタと違う挙動に戸惑うケースも多く、筆者も最初はとても戸惑いました。

vimを使うメリット

まず起動に時間がかかりません。サイズの大きいファイルを起動するときもさほど時間を取られないことが利点です。

さらにコマンドラインから直接ファイルの中身が編集できるため、ファイルを編集後、そのままコマンドラインでの作業が可能です。

またコマンドさえ覚えれば、ファイル内の特定の位置への移動が楽であったり、慣れてくればマウスを使うことなくキーボードのみで作業ができたりと、手を動かす時間を大幅に短縮することもできます。

それでは、以下より簡単なvimの操作方法を記載させていただきます。

モードの説明

vimは基本的に全ての操作をキーボードで完結させるため、操作するモードが用意されています。主なモードは下記の4つです。

ノーマルモード:起動時のモードです。検索やコピー&ペースト等を行います。

Insertモード:テキストの入力や編集を行います。

コマンドラインモード:保存や終了等を行う時に使用するモードです。また、行数指定等でも使用します。

ビジュアルモード:範囲を選択する時に使うモードです。コピーする時などに使用します。

各モードからモードへの切替

ノーマルモード から Insertモード:「i」

ノーマルモード から コマンドラインモード :「:」

ノーマルモード から ビジュアルモード:「v」

Insertモード から ノーマルモード:「ESC」

コマンドラインモード から ノーマルモード:「ESC」

ビジュアルモード から ノーマルモード:「ESC」

カーソルキー

ノーマルモードとビジュアルモードで行います。通常の矢印のようにカーソルを上下左右に移動出来ます。

左:「h」
下:「j」
上:「k」
右:「l」

検索

ノーマルモードで行います。

検索:「/」

保存・終了

編集したファイルの保存や、vimの終了はコマンドラインモードで行います。

保存:「w」
保存+終了:「wq」
保存+強制終了「wq!」

終了:「q」
強制終了:「q!」

コピー&ペースト

vimでは「ヤンク&ペースト」といいます。ヴィジュアルモードでヤンクすると自動的にノーマルモードに切り替わります。また、ノーマルモードでマウスを使ってヤンクすることも可能です。ペーストはノーマルモードで行います。

コピー(Ctrl + Cと同様):「y」

ペースト(Ctrl + Vと同様):「p」

指定行への移動

例:ファイルの500行目に移動したいとき

ノーマルモードを起動している時に「:500」と入力することで、移動することができます。

画面分割

作業を2画面に分割させる事も可能です。実行はノーマルモードで行います。

縦方向に画面を分割:「Ctrl+wv」

このように分割して表示されます。

画面分割

また分割した画面間の移動には次のコマンドを使用します。

画面移動:「Ctrl+ww」

まとめ

TeraTermを使ってvimでファイルを編集した後に、開発環境から本番環境にSSH接続して変更分を反映することができます。さらにファイルの作成、削除などが全てコマンドライン上で完結出来るので、開発作業が一本化でき効率化にもつながります。

今回はとても初歩的な内容をまとめたものとなっておりますので、ぜひお試しいただければと思います。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+