【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

MacでCSVを編集するなら無料のLibreOffice Calcが便利!

MacでCSVを編集するなら無料のLibreOffice Calcが便利!

こんにちは、サポート部の山本です。

ECサイトを運営していくにあたり、商品データを一括で更新したり、受注データをエクスポートして編集し別のソフトにインポートしたり、何かとCSVファイルを扱うことが使うことが多いと思います。

通常はExcelで編集されるケースが多いと思いますが、Excelで開くとき意図しない形式で表示されることがあります。

たとえば下図のようなCSVデータがあったとします。
CSVデータ

テキストエディタで開くと下図のようなデータです。
sample_csv

これをExcelで開くと下図のようになります。
Excelで開く

「001」のように頭に0があるものは「1」となってしまいますし(いわゆるゼロ落ち)、「2015-09-17 00:00:00」のようなデータも「2015/9/17 0:00:00」と改変されてしまいます。

このため、Excelで保存したCSVデータがうまくインポートできないトラブルがよく発生します。

このようなことを回避するためにCSVエディタを使うのですが、WindowsではフリーのCSVエディタがたくさんありますが(参考:無料で使える!ショップ運営に役立つCSV編集ツール)、Macでは少ないです。

そこでおすすめなのがLibre Officeです。無料でWindowsやMacなど、Linuxにも対応しています。

マイクロソフトのオフィスと同様にワープロソフト、表計算ソフトなどで構成されているのですが、その中のLibreOffice Calc(表計算ソフト)はCSVエディタとしても使えます。

LibreOffice Calcの使い方

まずはLibre Officeをインストールして開いてください。

Libre Office
https://ja.libreoffice.org/

下図のような設定ダイアログ画面が開きます。
改変されくない列を選択して「テキスト」を選択して【OK】ボタンを押すと
テキストのインポート

下図の通り!ゼロ落ちもせずに、問題なく表示され編集することができます。

サンプルCSV

終わりに

実は設定でExcelでも同じようなことができますが、CSVについていうと、Libre Officeの方が動作も軽くスムーズに開けられます。

またExcel同様、検索や一括置換などにも対応しているので、ぜひお試しください。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+