• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECにもAMP対応の波が

先日正式にリリースされた検索結果のコンテンツを爆速で表示する「AMP」。EC大手のZOZOTOWNさんが対応されていたのでご紹介します。

AMPとは

GoogleやTwitterなどが力を入れているAMPプロジェクト。以前「Googleなどが立ち上げたAMPが静的ページを超高速化する!」でもご紹介しましたが、検索結果での表示から、コンテンツの閲覧までを非常に高速にするHTMLの仕様です。

例えば「サッカー」で検索をしてみると、、、

サッカーで検索

「サッカー」で検索

このようにサッカーに関連したニュースが検索結果の上位に表示されます。さらにそれぞれのニュースをタップすると、ページを読み込むこと無くコンテンツを表示させるというものです。AMPのHTMLの仕様に沿って静的ページを作成すると、当てはまるクエリで検索された時にこのような読込が実行されます。

ZOZOTOWNの商品ページがAMPに対応

そんなAMPへ大手ECモールのZOZOTOWNが先日から対応されています。

試しに「zozo」で検索をしてみると、

zozoで検索

「zozo」で検索

本家のサイトよりも、AMPで生成された商品の方が上に来てますね。並び順は公開された時間でしょうか。
それぞれの商品をタップした時は以下の様な表示になります。

商品の詳細

商品の詳細

他のニュースと同様、スワイプで次々と商品を切り替えることができます。

購入はZOZOTOWNのサイトで

商品の詳細はAMPでサクサク閲覧できますが、購入はZOZOTOWNの本サイトへ遷移しなければならいので、残念ながらAMPでは現状は見るだけになります。

ちなみに他のキーワードでも、AMPでヒットしてきています。

シャツで検索

「シャツ」で検索

Tシャツで検索

「Tシャツ」で検索

ECサイトがAMPに対応すること

AMPが発表された時に静的なページ、例えばニュースやブログ記事はすぐに対応できるだろうと考えていました。実際サンスポや朝日新聞などはいち早く対応されています。

ただECサイトの商品ページがAMPに対応するのはもう少し先かな、とも個人的には思っていたのですが想像していたよりも遥かに速くZOZOTOWNさんが対応してきました。このAMPがどのようなアルゴリズムで検索結果を表示しているのかは気になりますが、これからはECサイトこそAMPに対応すべきだと思います。

今回のZOZOTOWNさんのように商品詳細がAMPに対応することで、検索結果でより上位に食い込めるメリットは非常に大きく、今後のSEOにも大きな影響を及ぼすことも考えられます。またユーザーにとってもいちいちページへ遷移することなく詳細を確認できるようになり、モバイルでのページ遷移のストレス減少にもつながっていくでしょう。

今後も、AMPに要注目です。