【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

MySQLインストール時に遭遇する「アクセス拒否エラー(Access denied for user ‘root’@’localhost’)」の対処

MySQLインストール時に遭遇する「アクセス拒否エラー(Access denied for user ‘root’@’localhost’)」の対処

こんにちは、開発部山田です。
朝晩寒くなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回はDockerなどで環境構築していると稀に遭遇する、

「mysqlでroot権限が設定されていなときのエラー」についての対処法をご紹介します。

$ mysql -u root
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

rootユーザの権限設定がされていなく、上記のようなエラーが発生することがあるようです。

PHP StormなどのIDEや、sequel proなどのMySQL管理ツールでDBに接続できないときなども、rootユーザーの権限を疑ってみると良いかもしれません。

以下、手順になります。

1.MySQLの停止

既にMySQL(mysqld)が稼働している場合には一旦停止します。

[root@db /]# service mysqld stop

2.オプション付きで起動

次に、MySQLを–skip-grant-tablesオプション付きで起動します。
このオプションはMySQLの権限システムを使用しないで起動するためのものです。

[root@db /]# mysqld_safe --skip-grant-tables &
[1] 2485
[root@db /]# 160920 06:50:46 mysqld_safe Logging to '/var/log/mysqld.log'.
160920 06:50:46 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /var/lib/mysql

3.mysqlコマンドプロンプトに入る

コマンドプロンプトから実行するとこうなります。

[root ~]# mysql -u root
(〜メッセージ省略〜)
mysql> 

4.rootへの権限設定

無事にMySQLに入れたところで、次は現状の権限設定を確認してみます。

mysql> use mysql;
Database changed
mysql> select * from  user;
Empty set (0.00 sec)

これはどのユーザーにもまだ権限が設定されていない状態になります。
ここでは一旦rootユーザーに全ての権限を付与してみます。
(また、下記ではuserテーブルを全件削除してから、設定を実行しています。)

mysql> truncate table user;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
mysql> grant all privileges on *.* to root@localhost identified by 'パスワード' with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

5.MySQLの再起動(通常起動)

これでrootユーザへの権限設定ができましたので、MySQLを–skip-grant-tablesオプションなしで再起動(通常起動)します。

mysql> quit;
[root ~]# kill -KILL [mysqld_safe のPID]
[root ~]# kill -KILL [mysqld のPID]
[root ~]# service mysqld start
mysqld を起動中:                                           [  OK  ]

これでひとまずMySQLの操作が可能になるでしょう。

アクセス拒否エラーに遭遇したら是非一度参考にしてください。

以上、山田でした。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+