• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月になりましたが春の訪れを感じるよりも、寒さが厳しさを増しております。

2017年も気づけば2月ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
サポート部の葉糸です。

2016年にEC事業者が注目したキーワードの1つ、WEB接客。WEB接客とは、サイト訪問者に対し、探しているページへ誘導を行ったり、クーポンを表示させて購入意欲を高めたり、購入完了までのサポートを行ったり、あるいは買い忘れ商品の提案をすることで、購入率や購入単価を向上させることを目的としており、引き続き2017年も注目されるキーワードとなるでしょう。

WEB接客には、サイト上でリアルタイムに応答する「チャット型」、サイト訪問者の行動や特徴を解析し、個々のサイト訪問者にあわせた接客を行う「行動分析型」などがありますが、今回は、サイト訪問者に対し、クーポンやバナーを表示させるjavascriptをご紹介します。

設置例

まずは以下のjavascriptを設定します。

$(function(){
	var modal = $(".modal");//モーダルウインドウのクラス
	var button = $(".close_modal");//モーダル解除ボタンのクラス
	var opacity = 0.6;//モーダル背景の透明度
	var cookie = $.cookie("modal");
	if(cookie !== "off"){
		var overlay = $("<div></div>");
		overlay.css({
			"position":"fixed",
			"z-index":100,
			"top":0,
			"left":0,
			"height":100+"%",
			"width":100+"%",
			"background":"#000000", /*背景の色*/
			"opacity":opacity
		});
		$("body").append(overlay);
		modal.css("display", "block");
	}
	button.click(function(){
		$(overlay).fadeOut("slow");
		$(modal).hide();
		var clearTime = new Date();
		clearTime.setTime(clearTime.getTime()+(limit*60*1000));
		$.cookie("modal", "off", {expires:clearTime, path:"/"});
	});
	$(".remove_cookie").click(function(){
		$.removeCookie("modal", {expires:-1, path:"/"});
		location.reload();
	});
});

クーポンを設定したいページに以下のHTMLを設置します。

<div class="modal">
<div class="coupon">
<a href=""><img src="クーポンバナーを設定" alt="" /></a>
<p class="close_modal"><a href="javascript:;">CLOSE</a></p>
</div>
</div>

最後に

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したものは簡単なjavascriptで機械的なものですが、今後はAI(人工知能)を利用した、より高度で人材コストのかからないWEB接客ツールの展開にも期待していきましょう。

モーダルウィンドウはこちらの記事もご覧くださいレスポンシブにも対応!モーダルウィンドウの効果的な使い方