【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

CDNが無料で使えるレスポンシブECサイト構築ショッピングカート

CDNが無料で使えるレスポンシブECサイト構築ショッピングカート

みなさんこんにちは。12月に入り、本格的な年末商戦シーズンになりました。

12月は旧暦で「師走(しわす)」とも言います。語源は諸説あり、はっきりないことが多く正確には分かっていません。一説には、年末になると「師(僧侶)」が忙しく「走」りまわることから、師走と付けられたとも言います。

さて、今回はECサイトの表示速度の改善が期待できるCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)についてご紹介します。

CDNとは

CDNとはContent Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)の略で、インターネット上にキャッシュサーバーを分散配置し、キャッシュサーバーからコンテンツを配信することで、負荷分散とダウンロードの高速化を実施する仕組みです。

CDNのイメージを簡単に図にしてみました。

ECサイトにCDNが必要な理由

実は、ECサイトの利用(特にモバイル利用時)では表示速度とコンバージョン率の関連性が高く、米Amazonの調査では「読み込み時間が0.1秒減ると、売上が1%増加する」という実験結果を公表したり、Webユーザビリティの第一人者・ヤコブ・ニールセン博士の調査では、

  • 0.1秒迄なら応答が瞬時に返ってきたという印象を与える
  • 1秒迄ならユーザーの思考は途切れない
  • 10秒迄ならユーザーの注意力は続く
  • 10秒遅延してしまうと、ユーザーが即サイトから離れてしまうことも多くなる

という結果が出ています。

つまりECサイトを利用するユーザーの満足度と、ページの表示速度には大きな関係があり、高速化を実現することでお客様のECサイトの売上にも大きく寄与できると考えられます。

表示を安定化させる

また上の図でも解説していますが、CDNではインターネット上にキャッシュサーバーを分散配置しています。

ユーザーからのリクエストに対してキャッシュサーバーからコンテンツを配信することで、プロモーションなどの突発的なアクセス集中時でも、サーバーへの負荷を分散させ、安定的にコンテンツを配信することができ「読み込みが遅い」「表示されない」といった可能性を下げることが出来ます。

MFI(モバイルファーストインデックス)では表示速度もランキングの要因に

2017年、米サンノゼで開催された SMX West 2017のセッションで、GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏は以下の発言をしました。

“表示速度をランキング要因として組み込んだうえでモバイルファーストインデックス(MFI) を導入する予定だ。”

モバイルファーストインデックスの詳細にについてはこちら

Googleの検索では現状、PCページがインデックスの対象になっていますが、モバイルページをインデックスの対象にするMFIでは、ページの表示速度もランキングの要因の一つとなります。

つまり、検索結果にも表示速度が影響を与えることになり、より速くユーザーの満足度の高いサイトが上位表示されるため、常時CDNの導入で表示速度の向上により、SEO効果も期待できます。

aishipRのECサイトでは常時CDNが導入可能に

弊社の提供するレスポンシブECサイト構築ASP、aishipRではこれらのCDNが無料で利用できるショッピングカートとなっています。特に難しい契約や設定など必要なしに、aishipRのプラットフォームで動くECサイトは初めからCDNを活用いただけます。

導入のご相談やお見積りは無料ですので、是非お問合せください。

aishipRのお問合せ

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+