• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Googleの公式ブログで、モバイル検索でのランキング要素に、ページの読込速度を使用する旨が発表されました。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

スピードアップデートとは

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

(中略)

ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。

Googleはこれまでデスクトップ(PC)での検索においては読み込み速度をランキング要素として利用していましたが、2018年7月のスピードアップデートの導入により、モバイル検索でも読み込み速度を要素として使用します。

注意しないといけないのが、本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響があるという点です。つまりユーザー側にとって、あまりにも読み込み速度が遅くストレスを感じるようなサイトが対象となります。

表示速度の定義は明確でない

Googleは遅い表示速度の定義や指標は明確には提示していません。HTMLの読込?サーバのレスポンスタイム?など表示速度の指標は様々あります。ただユーザー体験を損なうようなサイトに影響があるのは明確です。

Googleが提供している無料の読み込み速度計測ツール、PageSpeedInsightsでは、モバイル時、パソコン時の速度計測が可能です。

モバイルの表示速度は引き続き非常に重要です。またGoogleのアップデートも重要ですが、サイトを構築する方はGoogleの方を見てサイトを作るのではなく、サイトを利用するユーザーがいかに使いやすく、ユーザーの役に立っているか、という観点でサイトを作ることが最も重要なのではないでしょうか。

このアップデートに一喜一憂せずに、これからもユーザー体験を損なわず、満足度を高めるサイト構築を心がけましょう。(ECサイトでも当然のことながら、ですね)