• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年に公開されて以降、世界中に多くのユーザーを抱えるInstagram。日本でも「インスタ映え」という言葉が流行していますが、筆者も2011年ごろから使い始めて、投稿した写真も2,500枚を超えるまでになりました。

そして6月5日に、Instagramから直接ECサイトへリンクして購入までできる、「ShopNow」機能が日本で解禁になりました。

Instagramのショッピング機能とは

Instagramのショッピング機能(以下、ShopNow)は、本国アメリカを中心に2017年に導入が始まりました。当初は企業アカウントを絞ってテスト的な運用でしたが、2018年に入り利用可能国を拡大し、6月5日に日本でも利用できるようになった新しい機能です。

先行して導入している海外の企業

※ブラウザリンクで開いても機能は利用できないので、アプリで開いてください。

Kate Spade
https://www.instagram.com/katespadeny/

Michael Kors
https://www.instagram.com/michaelkors

Levi’s
https://www.instagram.com/levis/

ShopNowという言葉の通り、Instagramで表示されたフィードの写真から商品画像にタグを付けることができ、タグをクリックすることでInstagramアプリ内ECサイトへ接続でき、決済まで可能になる仕組みです。

※levi’sのInstagram、ShopNowの事例。購入可能な商品の投稿の場合、タグ付けされた商品に商品名や価格が表示され、タップすると商品の詳細へ遷移する。

これまでInstagramでは、投稿内でリンクを掲載したとしてもURLへの変換は出来ませんでした。ですのでECサイトの場合はわざわざプロフィールページへ遷移してウェブサイトへ誘導する必要がありました。今回のShopNowの実装により、今までよりも格段にECサイトへの誘導や最終購入へ至る動線が簡略化され、購入のハードルは大きく下がるのではないでしょうか。

Instagramを活用しきれていなかったECサイトも、可能性は大いに広がります。

Instagramのアクティブユーザーは2,000万人超

Facebook Japanの発表によると、Instagramの月間アクティブユーザー数(MAU)は2,000万人を超えるまで成長しているとのことです。

Instagramの月間アクティブユーザー数は2000万人。ユーザーの8割がビジネスアカウントをフォロー

日本で最もフォローされているInstagramのトピック

さらに、Instagramの公式ビジネスブログ「国内利用者のInstagram活用の現状」でも、Instagramユーザーが関心のあるトピックについて調査があり、27%のユーザーが「ファッション」に、12%のユーザーが「ショッピング」のトピックをフォローしている結果がありました。

日本のユーザーはファッションに強い関心を持ち、且つショッピングにも興味があることが伺え、ShopNowによってECサイトへの誘導が売上に直結する可能性を大いに秘めています。

実際にやってみた

日本で先行的に導入されているのは、
ベイクルーズさん(@baycrews
ゾゾタウンさん(@zozotown_official
ギルトさん(@giltjapan
ハンドメイドマーケットのミンネさん(@minne_official
クリーマさん(@creemajp
ボタニストさん(@botanist_official
が導入されています。

実際にボタニストさんで購入ページまでの遷移を見てみました。

投稿のタグをクリックすると、その商品の詳細ページに遷移をします。さらに「購入する」をクリックすることでECサイトへ遷移をし、該当する商品のページでカートに入れることができ、Instagramのアプリ内でのwebviewでそのまま決済までできるようになります。これまでリンクが出来なかったため、検索して探していたユーザーにとっては圧倒的に購入のハードルが下がり、ECサイト事業者の方ににとってもCVを高める大きな有効手段となりそうです。

InstagramのShopNowを利用するには

Instagramのショッピング機能(ShopNow)を利用するにはInstagramで下記の承認を得る必要があり、いまのところ、ECサイト側ですぐに利用することは出来ないようです。下記がInstagramヘルプセンターに記載している利用条件。

Instagramショッピングが承認されるには、ビジネスとアカウント設定が以下の要件を満たしている必要があります。

・提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売しているビジネスであること
・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みであること
・ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされていること。これはビジネスマネージャ、ShopifyまたはBigCommerceのプラットフォーム、あるいは直接ビジネスのFacebookページから作成、管理できます。

上記の要件が満たされると、アカウントのショッピング機能へのアクセスが審査されます。審査プロセスは通常数日で終了しますが、アカウントの詳細を審査する必要がある場合、それ以上かかることがあります。
アカウントが承認されるとInstagramからお知らせが送信され、[設定]から製品のタグ付けをオンにすることができます。

Instagramヘルプセンターより

とはいえ、このShopNow機能、ECサイトに取っては大きな可能性を秘めているマーケティングツールとなり、Instagramアカウント運用の重要性がさらに増えそうです。