【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

GoogleChromeが69へアップデートでWEBは常時SSLへの対応が前提に。

  • 2018.09.07
  • 2018.09.10
  • SEO
NO IMAGE

以前からGoogleよりアナウンスされていたWEBブラウザ「GoogleChrome」の最新バージョンである69が先日リリースされました。常時SSLへの対応で接続は安全が前提となります。

Googleはかねてより、WEBでの通信の暗号化を推進してきており、Chromeでの表示について非SSLなサイトへ接続する際は警告を表示するなどユーザーへ注意喚起をしてきました。

非SSLサイト、Google Chromeアップデートで警告が常時表示の仕様に

マテリアルデザインを採用したChrome69

新しいChromeのタブ、他のGoogleサービスと同様マテリアルデザインへ統一。

バージョンアップしたChrome69では、これまでのデザインを一新し、よりすっきりとしたマテリアルデザインを採用しており、タブの切替や表示がわかりやすくなっています。

そしてこれまでSSL通信に対応したWEBサイトではアドレスバーに「保護された通信」と緑色で表示されてたのですが、、、

以前のバージョンでは「保護された通信」表示

今回のアップデートからは保護された通信すら表示されず「鍵マーク」のみの表示となっています。また保護されていない通信はこれまで通り「保護されていない通信」とアドレスバーに表示されています。WEBサイトの接続では、SSL化(暗号化)された安全な接続がChromeでは前提となりました。

さらに2018年10月にリリースを予定しているChrome70より、HTTPではないサイトでは、赤い文字と赤い三角形のアイコンでより目立つように「保護されていない通信」の警告が出るようになります。

出典:Google

SSL化の表示が当たり前の世界になったとは言え、まだSSL化していないサイトも多く見かけます。世の中のサイトが少しでも安全な方向へ進めばいいのかなと思います。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+