【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【Google】PageSpeed Insightsがアップデートでかなり使いやすくなってる。

  • 2018.11.12
  • 2018.11.13
  • SEO
NO IMAGE

昨晩、Googleの金谷さんがツイートでアナウンスされてまして、すぐに確認してみました。chromeの拡張機能であるLighthouseを利用して計測しているようです。

PageSpeed Insightsを実際に使ってみた

使い方は簡単、以前と同様に計測してみたいURLを入力して、「分析」をクリックするだけです。試しにYahoo JAPANのページを入れて分析をしてみました。まずはモバイルでの結果。読み込み速度は「遅い」という判定が出ていました。

続いてパソコン版の測定結果。スコアは83で平均という判定です。スコアの判定は速度スコアを元に総合的に判定されているようで、一概にこれが原因で遅いというものではないようです。

3Gでの読み込み

Lighthouseでの分析で3Gでエミュレートした分析も行ってくれます。

テキストや画像が最初に表示されるまでにかかった時間や、主要コンテンツが表示されるまでにかかった時間、コンテンツが取り込まれてから表示にかかった時間等が表示され、下の画像では経過時間ごとのページ表示の流れが出てきています。

改善できる項目

最後に改善できる項目と診断結果も表示されます。

どの項目にどれくらい時間がかかっているのかを示してくれます。また詳細のタブを開くと、遅延読込で改善出来る画像ファイルや、使用していないCSSの提案など項目毎に詳細の改善点を見出してくれます。内容によってはすぐに対応でき、速度改善に繋げることが出来るものありそうなので、かなり役立ちそうです。

スコアは少し厳し目になってるかも?

Lighthouseのデータを用いることでより多角的な分析と改善点の提案が出来るようになったPageSpeed Insightsですが、いくつかサイトを見ているとモバイル版で結構厳し目のスコアリングがされているような印象です。スコアに振り回される必要はないとは思いますが、サイト速度はGoogleの評価基準にもなっているので、出来るところから改善をしていきましょう。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+