【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブWEBデザインでタブレットサイトの最適化へ

レスポンシブWEBデザインでタブレットサイトの最適化へ

ipad

photo credit: albyantoniazzi via photopin cc

2012年後半から2013年にかけてタブレット市場は賑わいを見せておりますが、タブレットに最適化されたサイトは、数える程度しかまだ存在していません。

現状は、多くのWEBサイトは、タブレットでの表示内容をPC表示と同じ状態にしておりますが、「画面サイズだけが類似している」から、といった理由だけで「とりあえずPC表示をさせておけば良い」という考え方では非常に安易です。

タブレットもスマートフォンも使い勝手は同じ

「スマホ広告の誤タップ率はPCの11倍 」と日経デジタルマーケティングが調査結果を報告しておりました。

スマホ広告の誤タップ率はPCの11倍

スマートフォンの場合は、画面サイズが小さく、指先での操作する上で、誤タップする確率も高く、このような調査結果についても納得ができます。

しかしスマートフォンよりも3~4倍サイズの大きいタブレットに対しては、ディスプレイサイズの大きさに惑わされて、タブレットも「ディスプレイをタップする」という操作方法には変わりないにも関わらず、スマートフォンサイト最適化の際に配慮されるべき事項が配慮がなされていないのが現状です。

タブレットもスマートフォン同様に「タップする」というUI(ユーザインタフェイス)上、

  • テキストリンクがクリックしにくい
  • 小さなボタンは大きく表示させる
  • PCサイトの画像を単純に縮小表示させただけのものでは見辛い

等、これらのスマートフォンで使い勝手が悪いと感じる部分は、タブレットでも同等の問題点と捉えなければなりません。

タブレットではタップを意識したサイト作りを

タップを意識したリンク

例えば上記のようなサイトを例に挙げましょう。

PC表示であれば、特段、表示上もしくはUI上に問題は見当たりませんが、タブレットで表示させた場合テキストリンクがタップしにくく、誤タップに繋がる危険性が高いです。

テキストリンクの誤タップ回避方法として、テキストリンク箇所だけでなく当該箇所を含む全体をリンク化することで、ユーザビリティは向上します。

このように「タップ」という動作が基本になるタブレットサイトの場合、PCサイトをそのままタブレット表示させるのではユーザビリティの低下を招きます。

スマートフォンサイトを基準にタブレットを始めとする各デバイスサイズに応じて画面設計を最適化する、言わばモバイルファースト思考が必要になります。

WEBサイトへのアクセスはスマートフォンやタブレットでのアクセスが主流になっていくことも予測されていることから、これからのサイト設計の際には、Googleが推奨しているレスポンシブWEBサイトの形式にてサイトを設計・構築していくことが非常に重要になっていきます。

aiship 葉糸

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+