【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

まるで電子書籍のような使いやすさ!インテリアベルーナのカタログEC

まるで電子書籍のような使いやすさ!インテリアベルーナのカタログEC


今回は通販大手の「インテリア(ベルーナ)」にて実際に買い物をしてみました。

もともとはカタログ通販事業を軸に通信販売業を行っていた企業だけに、カタログとの連動がとられている点が特徴的なサイトでした。

サイト名 インテリア(ベルーナ)
URL http://belluna.jp/interior/sp/01/030401/genre_top/
QRコード

TOPページは以下です。キャンペーン企画も豊富でゲームができたりと、賑やかなサイトです。(クリックで大きな画像)

1,商品一覧ページ

商品一覧ページでは、「欲しいものリスト」ボタンが設置されていて、気になった商品をリストに追加しておくことができます。

この機能は一般的によくある機能ですが、他と少し違うのが会員登録(ログイン)をしなくても下図のようにリストに追加できることです。ユーザーにとって個人情報の入力をして会員登録することは結構な手間なので、この機能はとてもいいなと思いました。

2,商品詳細ページ

商品ページでは、カラーやサイズを選択するだけでその場で在庫の状況や入荷予定が確認できるのも便利で分かりやすいです。

またカートに入れた後の確認も、ポップアップで表示をし画面遷移をしない工夫もされていました。

3,カタログ、チラシ番号をサイト上で入力して注文ができる

これはカタログを発行している企業ではよくある便利な機能ですが、カタログに掲載されているカタログ番号等を入力することで商品をすぐに購入することができます。

4,カタログをスマホやタブレットでも閲覧でき、そのまま注文ができる

この機能もおもしろかったのですが、スマホのブラウザ上で実際にカタログを閲覧することができます。電子書籍のようにフリック操作でページをめくることにも対応し、ピンチアウト操作でズームもすることができ、より詳しく商品を見ることができます。

下図の真ん中の図のように商品をタップすると、商品ページへ遷移してそのまま注文ができます。

下図のとおり、タブレットでも同様です。
カタログは画面の大きなタブレットの方が見やすいです。

終わりに

電子カタログはウェブアプリとは思えないような操作性で、見ているだけでも楽しいです。
カタログとの連動については、「ピーチジョンに学ぶスマートフォンで商品を買いやすくする5つの方法」でもご紹介しました。

今後特に画面が大きく見やすいタブレットでいろいろなアイデアが出てきそうで要注目ですね。

photo credit: Johan Larsson via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+