SNSでのシェア時に適正な画像・説明文を表示させよう!

SNSでのシェア時に適正な画像・説明文を表示させよう!

by 泉雄大

みなさんこんにちは、セールス部の泉です。暑い日が続いてます。水分などこまめに摂って熱中症には気をつけましょう。

さて、最近では検索からの自然流入だけでなく、SNSからの流入の割合も徐々にではありますが増えつつあります。これからhSNSからのシェアをどう掴んでいくかもこれからのサイト運営では必要になってきます。

今回はSNSでシェアされたときに任意の画像や説明文などを表示するように設定し、サイト内容を適正に把握してもらうことを目標に説明していきます。

Read More

GoogleがSpeed Updateを開始、ページの読み込み速度がランキング要因に

GoogleがSpeed Updateを開始、ページの読み込み速度がランキング要因に

by 上林洋介

2018年1月、Googleはページの読み込み速度をモバイルでの検索時のランキング要因として利用する「Speed Update」を7月に導入する予定であることを発表していましたが、7月9日に導入開始のアナウンスが行われました。

2018/7/9 追記
すべてのユーザーを対象に Speed Update のロールアウトを開始しました。
ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

Googleの公式ツイッターでもアナウンス

モバイル検索で利用されるSpeedUpdateがすべてのユーザーにロールアウトされました!

Speed Updateでどのような影響があるのか?

Googleのウェブマスターブログには影響を受ける可能性のあるページは少ない旨が書かれています。

ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。

しかしページをすべて読込するのが○秒以内、などといった明確な基準はなく、様々な指標に基づきGoogleが独自で判断するようです。指標の一つには、Chromeのユーザーエクスペリエンスレポートも利用しているとのことです。

Speed Updateは速いページの評価が上がるものではなく、ユーザーにとってあまりにも遅いページの評価が下がるアップデートになります(もっとも、速いページはユーザー満足度を高めるため、コンバージョンを高める要素にもなります)。ただ検索クエリはこれまで同様に、非常に強い評価指標であり、検索クエリと関連性の非常に高いコンテンツページは、たとえ遅い場合でも評価がされる場合もあります。

ユーザーにとって良いコンテンツを用意し、満足度の高い読み込み速度を意識してサイトを制作していきましょう。

CSSの優先順位を自在に適応させる方法

CSSの優先順位を自在に適応させる方法

by 泉雄大

みなさまはじめまして。6月よりセールス部に配属されました、新入社員の泉(いずみ)と申します。初投稿ですがよろしくお願い致します。

さて、見やすいページであったり、操作性の良いページはユーザーにより良い体験をしてもらうことができますし、結果的にコンバージョンにつながる重要な要素です。

優れたUIを持ったページを作成するためにCSSで見せ方を考えて編集していくわけですが、同じHTML上で複数のCSSルールが存在すると、重複したルールが適応されないといったような問題が起こってしまうことがあります。そこで今回は「こっちのルールを適応したいのに…」「でも、このコードは消せない…」といった時に役立つCSSルールの優先順位を操作する方法をご紹介します。
Read More

インスタグラムからECサイトで直接購入可能に!ショッピング機能「ShopNow」が日本解禁。

インスタグラムからECサイトで直接購入可能に!ショッピング機能「ShopNow」が日本解禁。

2010年に公開されて以降、世界中に多くのユーザーを抱えるInstagram。日本でも「インスタ映え」という言葉が流行していますが、筆者も2011年ごろから使い始めて、投稿した写真も2,500枚を超えるまでになりました。

そして6月5日に、Instagramから直接ECサイトへリンクして購入までできる、「ShopNow」機能が日本で解禁になりました。

Read More

ファーストビュー一秒以内を実現するために!HTML/CSS/JS記述の工夫

ファーストビュー一秒以内を実現するために!HTML/CSS/JS記述の工夫

ECサイトの運営だけでなく、サイトを運営するウェブマスターにとって重要なのはサイトの表示速度です。2018年7月からGoogleは「スピードアップデート」を実施し、ユーザーにとってあまりにも遅いサイトの評価を下げる発表をしています。

特にユーザーがランディングした際に表示されるファーストビューは特に重要とされ、コンバージョンや離脱率にも大きな影響を与える要素となっています。

Read More

Facebook広告で自社ECサイトのコンバージョンを計測する方法

Facebook広告で自社ECサイトのコンバージョンを計測する方法

検索連動型広告やリターゲティング広告、純広告等、Web広告には様々な種類の広告が溢れています。今回は多くの方が登録されているFacebook広告の基本的な特徴を押さえ、自社ECサイトで商品の購入や会員登録促進に活用する方法をご紹介したいと思います。

Read More

【jQuery】レスポンシブなサイトで、デバイスサイズで適用させるjavascriptを切替

【jQuery】レスポンシブなサイトで、デバイスサイズで適用させるjavascriptを切替

レスポンシブウェブデザインではCSS(スタイルシート)を画面の横幅に応じて設定したブレイクポイントを切り替えることで、HTMLコンテンツの見た目を調整しています。CSSではメディアクエリを利用してこの切り替えを実施していますが、JavaScriptの切り替えはどのように行えばよいのでしょうか?

今回はレスポンシブウェブデザインでブレイクポイント毎にJavaScriptの切り替えを実現するjQueryの実装方法をご紹介します。

Read More

Googleがモバイルファーストインデックスを正式に開始

昨日、日本時間の早朝、Google米国のウェブマスター向けブログでモバイルファーストインデックス(MFI)への切り替えを広い範囲で開始した、とアナウンスがされました。

Rolling out mobile-first indexing

その後日本語版のブログも更新され、発表されました。

モバイル ファースト インデックスを開始します

本日、Google は 1 年半の慎重な実験とテストの結果、モバイル ファースト インデックスのベストプラクティスに準拠したサイトの移行を開始したことを発表します。

今回は、モバイルファーストインデックス(MFI)のおさらいと、サイト制作者がどのような対応をしなければならないのか、まとめてみたいと思います。

Read More

レスポンシブサイトを印刷(プリント)したいときに使えるChromeの拡張機能

レスポンシブサイトを印刷(プリント)したいときに使えるChromeの拡張機能

こんにちは。サポート部の山本です。
あったかくなってきましたね。

ペーパレス化が進んでいる昨今ですが、それでも稀にWEBサイトをプリントアウトしないといけない時があります。ところが、レスポンシブサイトを印刷してみるとCSSが効いてない状態で印刷されてしまうケースがあります。

今回はそんな時にうまく印刷できるChromeの拡張機能『Awesome Screenshot』を紹介します。

Read More

子供向けプログラミング学習サービス4選

子供向けプログラミング学習サービス4選

みなさんこんにちは、山本です。

あらゆる産業のデジタル化が進む中、世界的にソフトウエアのプログラミング言語を理解する重要性が高まっています。オバマ前大統領やFacebookのマーク・ザッカーバーグ、DeNAの南場氏や楽天の三木谷氏など、プログラミングの必要性を語る人が国内外問わず増えています。

General Electric (GE) では、「今後、採用する20代の社員に関しては、採用する職種に関わりなく、プログラミング能力を必須の能力として科す」という方針まで出しています。

日本でも2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることになりましたし、子供に早くからプログラミングを学ばせようとする親も増えているようです。ということで今回は子供向けのプログラミング勉強サービス・ツールを紹介します。

Read More