【年末年始休業につきまして】 2017年12月28日(木)~2018年1月4日(木)にて休業とさせていただきます。 なお、12月27日(水)は13時までの営業、1月5日(金)は14時からの営業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、 2018年1月5日(金)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

レスポンシブECサイト構築ASP aishipR

【年末年始休業につきまして】 2017年12月28日(木)~2018年1月4日(木)にて休業とさせていただきます。 なお、12月27日(水)は13時までの営業、1月5日(金)は14時からの営業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、 2018年1月5日(金)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

パートナー取引基本規約


パートナーと株式会社ロックウェーブ(以下「ロックウェーブ」という)とは、ロックウェーブが運用するaiship及びaishipRサービス販売取次業務についての「パートナー取引契約」(以下「本契約」)を締結する。

本契約は、契約を希望するパートナーがパートナー取引基本規約(http://www.aiship.jp/rule-partner/)」(以下本規約)に同意し、パートナー取引契約申込(https://ssl.aispr.jp/aishiprweb/form/partner/)より申込を行い、申込内容についてロックウェーブが審査し、後日「パートナー取引契約」が成立した旨のメールを申込者へ送付することで締結完了するものとする。

第1条(目的)
1.本契約は、ロックウェーブが運用するaiship及びaishipRサービス(http://www.aiship.jp/)(以下「本サービス」といいます)をパートナーがその顧客等に対して紹介し、また利用を希望する顧客等について本サービスの申込を取り次ぐことによって、パートナーとロックウェーブ相互の発展を図ることを目的とする。
2.本契約において、パートナーの紹介等により本サービスの申込を行った者ないし同申込を行おうとする者を「利用者」、本サービスにかかるロックウェーブと利用者との間の契約を「個別契約」、本サービスの利用規約 (http://www.aiship.jp/rule.html)を「利用規約」という。

第2条(業務の内容)
1.ロックウェーブがパートナーに対して委託する業務の内容は次のとおりとする(以下「本業務」という)。なお、パートナーとロックウェーブ間は特約により本業務の範囲を追加することができるが、本契約はロックウェーブがパートナー以外のすべての第三者に対して本業務と同一又は同種の業務を委託することを妨げるものではない。
(1)パートナーが自己の顧客等に対して本サービスを紹介又は申込の勧誘をすること
(2)前各号に付随する事項

2.ロックウェーブは、パートナーに対し、本業務に必要な情報及び資料を適宜提供し、またロックウェーブの商標や本サービスのロゴマーク等の使用を承諾する(但し、ロゴマーク等について無断改変等はできない)。
3.パートナー及びロックウェーブはともに本サービスの運用が円滑に行われるよう協力するものとする。なお、パートナー及びロックウェーブは、ロックウェーブが本サービスを現状有姿で提供していること及び本業務の結果(売上の増加等を含む)を保証するものではないことを相互に確認する。

第3条(業務手数料)
1.パートナーの本業務遂行によりロックウェーブと利用者(但し、過去にロックウェーブと個別契約を締結したことがある者を除く)との間の個別契約及び同契約に基づき発行されたアカウントにかかる契約(以下「アカウント契約」といいます)について利用料金の支払い及び回収が完了した場合、ロックウェーブは、パートナーに対し、個別契約及び当該アカウント契約が継続している間、本規約【手数料等】に定めるところに従い算出される金額を、別紙に定める条件に従い支払うものとする。

第4条(契約期間)
1.本契約の期間は、本契約の締結日から1年間とする。
2.本契約は、前項の期間満了の3か月前までに、パートナー又はロックウェーブから書面による別段の意思表示がないときは、本契約と同一条件で更に同期間継続し、以後も同様とする。
3.パートナーは、6か月前にロックウェーブへ書面で通知することにより本契約を解約することができるものとする。

第5条(パートナーの責任)
1.パートナーが本業務に伴い第三者(利用者及び各利用者の関係者等を含む。以下同じ)に対して損害を与えた場合その他紛争が生じた場合は、自己の責任により処理、解決するものとする。但し、ロックウェーブの帰責事由による損害についてはこの限りではない。
2.パートナーは、本契約に違反してロックウェーブに損害を与えた場合、損害が発生した日の属する月の前月の業務手数料合計の30か月分を損害として賠償するものとする。但し、ロックウェーブにそれ以上の損害が発生した場合は、この限りではない。
3.パートナーは、予めロックウェーブの書面による承諾がない限り、本契約上の地位、本契約に基づく権利又は義務の全部又は一部を他に譲渡してはならず、また本業務の全部又は一部を再委託してはならないものとする(なお、パートナーの株主の大幅な変動は本契約上の地位の譲渡とみなされる)。

第6条(解除等)
1.パートナー又はロックウェーブは、相手方が次の各号のいずれかに該当した場合は、催告を要さず本契約の全部又は一部を解除することができ、パートナーとロックウェーブ間に残存する債権債務を直ちに精算できるものとする。
(1)本契約に違反したとき又は申込書その他パートナーが作成した書類に虚偽 記載等があったとき
(2)支払い停止もしくは支払い不能となり、またはこれを自認し、または手形 もしくは小切手が不渡りとなったとき
(3)差押え、仮差押えもしくは競売の申立てがあったとき、または租税公課等 滞納処分を受けたとき
(4)破産、特別清算開始、会社更生手続き開始、民事再生手続開始もしくは特定調停その他類似の倒産手続開始の申立てがあった時、もしくは申立てられた とき及び精算に入ったとき
(5)解散、合併または営業の全部もしくは重要な一部の譲渡の決議があったとき
(6)監督官庁から営業許可取消または停止の処分を受けたとき
(7)資産、信用、支払能力等に重大な変更を生じたとき
(8)災害、争議行為その他やむを得ない事由により基本契約または個別契約の 全部または一部の履行が著しく困難となったとき
(9)相手方に対する詐術、信用毀損その他の背信的行為があったとき
(10)暴力団その他反社会的勢力との関係が認められると判断されるとき
(11)その他、一方が社会的信用を失墜し、あるいはそのおそれがあり本契約を存続しがたいと相手方が認めたとき

2.パートナー又はロックウェーブは、その責めに帰すべき事由により本契約が解除された場合、相手方に対して負担する一切の債務につき当然に期限の利益を喪失するものとする。またパートナー又はロックウェーブは、本契約違反により生じた損害の賠償を相手方に対して請求することができるものとする。但し、ロックウェーブの賠償責任については利用規約に準じる。
3.ロックウェーブは、解約日の90日前までにパートナーに通知した場合又は利用規約に基づき個別契約を履行できない場合、本契約の全部又は一部を解約することができるものとする。

第7条(情報等の取扱)
1.パートナー及びロックウェーブは、本業務の遂行にあたって知った個人情報
(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいう)を本業務遂行目的の範囲内でのみ使用し、第三者に開示又は漏洩しないものとするとともに、関連法令を遵守するものとする。
2.パートナー及びロックウェーブは、本業務遂行のため相手方より提供を受けた技術上又は営業上その他業務上の情報のうち、相手方が特に秘密である旨予め指定した情報を第三者に開示又は漏洩しないものとする。但し、公知の情報(自己の責任によらない事由により公知となった情報を含む)についてはこの限りではない。
3.パートナーは、本契約が終了した場合、本サービスの利用にあたって他方から提供を受けた機器(機器がある場合)、ソフトウェア及びそれに関する一切の資料等(全部又は一部の複製物を含む)を本契約終了後直ちにロックウェーブに返還し、パートナー設備等に記録されたデータについては、パートナーの責任で消去するものとする。
4.パートナーが第三者に本件業務を委託する場合は、委託先に対してもパートナーと同様の義務を負わせるものとする。
5.本条の規定は、本契約終了後も有効に存続するものとする。

第8条(反社会的勢力との取引排除)
1.パートナー及びロックウェーブは、次の各号に定める事項を表明し、保証する。
(1)自己及び自己の役員・株主・取引先等(以下「関係者」という)が、反社会的勢力でないこと。
(2)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力を利用しないこと。
(3)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力に資金等の提供、便宜の供給等、反社会的勢力の維持運営に協力、又は関与しないこと。
(4)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力と関係を有しないこと。
(5)自己が自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いず、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと。
2.パートナー及びロックウェーブは、前項に関して相手方が行う調査に協力するものとする。
3.本規約第6条の定めにかかわらず、パートナー及びロックウェーブは、相手方が本条に違反した場合には、通知、催告その他の手続を要しないで、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものとする。

第9条(本規約の変更)
1.ロックウェーブは、本規約の内容をパートナーに予告することなく変更ができるものとし、パートナーは変更後の内容に従うことを同意するものとする。
2.前項により、本規約の内容を変更した場合、変更後の規約をWEBサイトhttp://www.aiship.jp/rule-partner/にて掲載する。

第10条(付則)
1.本サービスの提供区域は、日本国内に限定されるものとし、本契約の効力及び解釈に関する準拠法は、日本法とする。
2.パートナー及びロックウェーブは、本契約に関連して生じた紛争については、ロックウェーブを管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
4.本契約記載の各種料金には、消費税法に基づく消費税及び地方消費税が含まれるものとする。
5.本規約に関する解釈上の疑義を生じた場合、または規定のない事項については、両当事者は信義誠実をもって協議のうえ解決するものとする。

更新日 2016年9月8日

【手数料等】

◆手数料について (消費税を含む)

月次契約で申込し利用開始月から3か月以上有効に継続し当該期間の利用料金の支払いが完了した場合、もしくは年次契約で申込し、年間分の利用料金の支払いが完了した場合、1アカウントにつき

  aiship及びaishipR-Rプラン 金10,000円
  aishipR-ライトプラン 金30,000円
  aishipR-スタンダードプラン 金50,000円
  aishipR-プレミアムプラン 金100,000円
◆支払期限

月次契約の場合、初期費用及び、月次利用料金の支払いが滞り無く完了し利用開始した月から4か月目の末日
年次次契約の場合、初期費用及び、年次利用料金の支払いが滞り無く完了し利用開始した月の翌月末日

◆支払方法

銀行振込 (振込手数料はパートナーの負担)

更新日 2016年9月8日

機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会