JS無しで遅延読込ができるChromeのネイティブlazy-loadを試してみた

【年末年始休業につきまして】 2020年12月28日(月)~2021年1月3日(日)にて休業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)14時以降順次対応させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【年末年始休業につきまして】 2020年12月28日(月)~2021年1月3日(日)にて休業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)14時以降順次対応させていただきます。

JS無しで遅延読込ができるChromeのネイティブlazy-loadを試してみた

Mobile First Labo

2020.09.03

昨年のChromeのアップデートでGoogleがネイティブのlazy-loadをサポートするようになりました。

これはJavaScriptを使うことなく、ブラウザの標準機能として画像の遅延読み込みを可能にするものです。

これまでは画像の遅延読み込み機能を使うにはJavaScriptのライブラリを実装したりする必要があったのですが、ブラウザ側でサポートすることによりHTMLに記述を加えるだけで画像の遅延読み込みができるようになります。

今回は実際にネイティブのlazy-loadを試してみて、読込速度がどう出たかなどを検証してみたいと思います。

機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会
  • 問合せ