Core Web VitalsのLCPを改善する「次世代フォーマットでの画像の配信」方法

【年末年始休業につきまして】 2020年12月28日(月)~2021年1月3日(日)にて休業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)14時以降順次対応させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【年末年始休業につきまして】 2020年12月28日(月)~2021年1月3日(日)にて休業とさせていただきます。
期間中のお問い合わせにつきましては、2021年1月4日(月)14時以降順次対応させていただきます。

Core Web VitalsのLCPを改善する「次世代フォーマットでの画像の配信」方法

Mobile First Labo

2021.01.14

ECサイトにおいて、ユーザーエクスペリエンス(UX)を最適化することは重要なことと言えます。こうしたUXの向上に不可欠なものを示す指標としてweb vitalsが存在します。その中でも特に重要な三つの指標としてCore Web Vitalsがあります。

三つのCore Web Vitals
・Largest Contentful Paint (LCP):ページの表示速度を測る指標

・First Input Delay (FID):ユーザーの応答性を測る指標

・Cumulative Layout Shift (CLS):視覚の安定性を測る指標

この三つの指標をクリアすることでwebサイトのUXの質を飛躍的に向上させることができます。今回の記事では、一つ目のLCP(ページの表示速度を測る指標)を改善する方法を紹介します。

ちなみにCLSの改善については「【画像のSEO対策】新指標のCLSとその改善策を解説」でも解説していますので、ぜひご覧ください。

機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会
  • 問合せ