【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

ちょっと残念・・・スマートフォン対応してくれれば

ちょっと残念・・・スマートフォン対応してくれれば

以前の記事『スマートフォンECサイトの「いいね!」と「あともう少し!」の事例』でもご紹介させていただきましたが、他の同様業態のサイトはどうなっているのでしょうか?みなさんもご興味があるかと思います。また、今回は最も避けたい事例もご紹介します。※9月20日の記事では、スマートフォンECサイトの転換率に関するデータを公開します。

■本サイトはスマホ対応しているので、ECサイトも対応して欲しい事例

■QRコードを読み取ったのに・・・スマートフォンでは見れない!事例

■まとめ

QRコードを読み取ったのにスマートフォンで閲覧できないのは、最も避けたいケースです。今やスマートフォンでもQRコードを読み取ってサイトを閲覧するのは、一般的になっています。弊社が提供する「クラウド型モバイル通販ASP aiship(アイシップ)」では、PC/ケータイ/スマートフォンのアクセスごとで表示を自動振分することが可能です。実は弊社において、この半年くらいの集計を行っているなかで非常に興味深いデータで、「平均してスマートフォンでは転換率が高い」というみなさんが”今すぐスマートフォンECをやりたくなる”ようなデータが出ています(この詳しい内容は9月20日の記事で公開する予定です)。その結果を見ても、ECサイトのスマートフォン対応を早急に急ぐべきだと分かります。詳しくは次回9月20日公開致しますので、ぜひご覧ください。

( スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 昆 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+