記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

Bootstrapはもう古い!?Gumbyフレームワークが便利

Bootstrapはもう古い!?Gumbyフレームワークが便利

Gumby Framework

Gumby – A Flexible, Responsive CSS Framework – Powered by Sass

こんにちは。ECプロデュース部の岡本です。

みなさまはレスポンシブサイトを作る時、どのようなフレームワークを使用されていますでしょうか?

有名ドコロであれば「Twitter Bootstrap」や「Foundation」などがよく利用されているのではないかと思います。

特にBoostrapはナビゲーションなどの「コンポーネント」が非常に豊富で、モックアップなどを作成する際には非常に重宝されている様です。

しかし一方でカスタマイズするには束縛されるポイントも多く、実際のコーディングに使うには少し工夫が必要となります。

今回はBootstrap並にコンポーネントが多いのに、カスタマイズ性が非常に高いフレームワーク「Gumby」をご紹介いたします。

特徴1:柔軟なグリッドシステム

グリッドシステムを利用する際、慣れていないと手こずるのが「グリッド設定」です。

Gumbyでは右寄せや中央寄せに加えて「タイル表示」という機能も利用できます。

tileとgrid

スマートフォンサイズでも全画面表示にしたくないコンテンツなどに使える、便利な機能です。

特徴2:フラット・非フラット両用可能

Gumbyはフラット・非フラットなボタンとナビゲーションをどちらも使用することができます。

2type Button

Bootstrapではバージョンを切り替える必要がありましたが、どちらでも利用できるというのが便利です。

特徴3:カスタマイズ性が高い

GumbyのコンポーネントはBootstarpなどと比較して「シンプル過ぎるデザイン」となっています。

simple-design

これはユーザーがカスタマイズして使用することを前提として設計されているためで、他のフレームワークよりも上書きや書き換え回数を少なくすることができます。

もちろんそのままでも「ミニマルデザイン」のサイトには充分に利用できる仕様です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以前紹介したResponsive Grid Systemも非常に便利なのですが、コンポーネントがもう少し欲しい時などはGumby検討してみてはいかがかと思います。

もちろん全デバイス対応のレスポンシブフレームワークです。

Gumby – A Flexible, Responsive CSS Framework – Powered by Sass

追記:誤字修正しました。はてぶにてご指摘頂きありがとうございました。

                   
クラウドECのサイト構築はaiship-カスタマイズ可能なカートASP

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

レスポンシブWebデザインカテゴリの最新記事