【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

会員登録をお手軽に!SNSを連携させたECサイト

会員登録をお手軽に!SNSを連携させたECサイト

ECサイトでよく見かける「新規会員登録で○○をプレゼント!」というバナー。

この手のサイトの会員登録は入力する項目が多いイメージがあり、どんなに魅力的なボーナスでも基本的に無視していました。

ですが最近WEBサービスで実装されていることが多い「SNSアカウントでの登録」が実装されているサイトでは、八割方登録してしまっている気がします。

Facebook登録

今回のECサイトでも「Facebookアカウントで登録」というボタンがあったため、貰えるクーポン(1万円以上で割引)を使う気が無いにも関わらずつい登録してしまいました。

サイト名 shop-list.com
URL http://shop-list.com/men/
QRコード shop-list.comQR_Code

SNSに無い情報のみの入力でOK!

会員登録フォーム
画像は「Facebookで登録」を選択した際の登録フォームです。

メールアドレス・性別は自動入力されており、生年月日とパスワードを入力するのみで登録が完了しました。

SNS連携(シングルサインオン機能)を使った会員登録は、SNSに既に登録されているデータを引用できる分、通常の新規会員登録よりも入力項目が少なくて済みます。

もちろん入力項目が少ないことによるデメリット(後述)も存在しますが、「気軽に会員登録ができる」という面では便利な機能ではないかと思います。

新規登録は簡単だけど、実は二度手間

今回購入するにあたって一番「面倒だな」と感じた箇所は、「カート画面」でした。

レジ画面に遷移する際、お届け先などの項目を入力するフォーム画面が現れたのです。

また書くのか・・・

Facebookに詳細な住所を登録していないためよくよく考えると当然のことなのですが、「またフォーム画面か」と思ってしまったのも確かです。会員登録の手間が少なくなった分、商品発送に必要な情報を「再度」入力してもらうといういわば「二度手間状態」だったのです。

通常の会員登録フォームであればおそらく既に入力している情報ではないかと思いますので、SNS連携で会員登録した際に起こりがちなデメリットと言えるかもしれません。

目指すものにあわせた実装を

スマートフォンチェック

手軽だけども、どこかで二度手間になりやすい「SNS連携の会員登録」と入力するのは手間ながら、二度手間は発生しにくい「通常会員登録」。

「新規会員をとにかく集めたい」「購入してくれる会員だけに絞り込みたい」といった「会員を集める目的・方向性」によって、実装させるか否かを検討してみてはと思います。

もしくは新規登録から商品購入の流れでフォームを2度表示させないような動線設計を行うかですね。

その他「おっ」と感じたポイント

メニュー画面レイアウト

アプリっぽい

スマートフォンレイアウトでのメニュー画面といえば、トグル形式のメニューリストか、Facebookアプリのように横から出てくるタイプが一般的です。

しかしこちらのサイトでは、ネイティブアプリのように大きなタップボタンを中央に並べて表示されていました。トグルメニューなどよりもタップ領域を大きく取れるため、こちらの方が良いUXを提供できそうな印象です。

タブ切り替え型TOPページ

タブっぽいでしょ?実は別URLなんですよ。

もう1つ面白いと思ったのは、「タブ風のTOPページ」です。

「メンズ」「レディース」「キッズ」という3つのターゲットに対して、専用のTOPページを作成してタブで切り替えるようなデザインにされています。

実際はURLが異なるため「タブ風」なのですが、ターゲットが複数存在するECサイトでは「見てすぐに分かる」ために効果的な見せ方なのかもしれません。

岡本

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+