【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

87.7%がタブレットでのWebサイト閲覧を検討 – 他15記事【まとめ】

87.7%がタブレットでのWebサイト閲覧を検討 – 他15記事【まとめ】

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【87.7%がタブレットでのWebサイト閲覧を検討中】といった内容の調査記事6本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

目次

今週のヘッドライン

タブレットの使用実態とモバイルインターネットとの関係性に関する調査

タブレット端末の利用実態調査について、株式会社イードが結果を発表しました。
86%以上のユーザーがWebサイトの閲覧目的での購入検討・利用中とのことです。

タブレットの使用実態とモバイルインターネットとの関係性に関する調査

レポート・リサーチデータ

東南アジアのeコマース市場が2018年までに年平均成長率37.6%で成長、市場規模は345億米ドルに到達

フロスト&サリバンによる調査にて、東南アジアのeコマース市場が今後37.6%の成長見込みと発表されました。
特にインドネシアについては2018年に総売上高の40%を占めると予測されています。

【フロスト&サリバン】東南アジアのeコマース市場が2018年までに年平均成長率37.6%で成長、市場規模は345億米ドルに到達 | フロスト&サリバン インターナショナル | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

タブレット出荷が大幅に増加すると予測されている南アフリカ

南アフリカでのタブレット市場に注目が集まっています。
2018年には310万台が出荷されると予測されています。

タブレット出荷が大幅に増加すると予測されている南アフリカ – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

中国スマホの小米、「光速」の急成長

中国でのスマートフォン出荷台数が、昨年同期の4倍にのぼる「2610万台」と発表されました。
売上高も149%増の53億2000万ドルを達成しています。

中国スマホの小米、「光速」の急成長 | ロイター | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

格安スマホの認知度58.7%も利用者は1.7% 利用者は月額で約2,300円を節

格安スマートフォンが今後増加していく見込みです。
格安スマートフォンの認知度は58.7%と半数を超え、未利用者の36.9%が興味を示すという結果が発表されています。

格安スマホの認知度58.7%も利用者は1.7% 利用者は月額で約2,300円を節約:株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine

親友よりもスマホを選ぶ!? – 米国ユーザーの7割以上がスマホ中毒

スマートフォンが手放せないユーザーが増加傾向にあります。
アメリカでの調査にて、74%のユーザーが「手の届くところにスマートフォンがないと落ち着かない」と回答しています。

親友よりもスマホを選ぶ!? – 米国ユーザーの7割以上がスマホ中毒 – ライブドアニュース

スマートフォン関連ニュース

グーグル仕掛けるメーカーの終焉、欲しいスマホは自作

Googleが推進する新しいスマートフォンに向けたプロジェクト「Ara」。
スマートフォンを自作できるメカニズムなどについて紹介されています。

グーグル仕掛けるメーカーの終焉、欲しいスマホは自作  :日本経済新聞

「格安スマホ」はどこまで広がるのか

「ワイヤレスジャパン」で注目を集めたIIJのMVNO事業。
その展望やリスクなどについてまとめられています。

「格安スマホ」はどこまで広がるのか:PRESIDENT Online – プレジデント

格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説

ここ数ヶ月で人気を高めている「格安スマートフォン」。
通信容量という料金プランの落とし穴などについて紹介されています。

格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説 – ライブドアニュース

アマゾンの新スマホは、なぜ脅威なのか?一機能に秘められた「検索の王者」への野望

Amazonが発売を発表した「Fire Phone」。
その機能から、Amazonが目指す展望について解説されています。

アマゾンの新スマホは、なぜ脅威なのか?一機能に秘められた「検索の王者」への野望(1/2) | ビジネスジャーナル

Gunosy、データがあれば「読みたい記事」は見えてくる

ウルトラマンのテレビCMなどで注目を集めたGunosy。
アプリが持つ最大の特徴を活かした戦略についてまとめられています。

主役たちが語るスマホニュースまとめアプリ激闘最前線 – Gunosy、データがあれば「読みたい記事」は見えてくる:ITpro

タブレット関連ニュース

2台持ちの新たなスタンダードは「スマホ+タブレット」

SIMフリー化や低価格化により、スマートフォン・タブレットの2台持ちが注目を集めています。
そのメリットや、おすすめの組み合わせについて紹介された記事です。

2台持ちの新たなスタンダードは「スマホ+タブレット」 | 日刊SPA!

端末は場面で使い分ける時代–スマートフォンとタブレットの違いを改めて考える

片手で扱いやすいスマートフォンと、お客様に見せやすいタブレット。
それぞれの端末を場面に応じて使い分けるポイントが紹介されています。

端末は場面で使い分ける時代–スマートフォンとタブレットの違いを改めて考える(1/3):企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)

タブレットのシェア、年度内に50%に 日本MS社長

日本マイクロソフトによる発表にて、Windowsタブレットの店頭販売シェアを今年度中に50%まで引き上げる計画が発表されました。
オフィス365の個人提供など、様々な施策による事業拡大に意欲を見せています。

タブレットのシェア、年度内に50%に 日本MS社長 – SankeiBiz(サンケイビズ)

タブレットで検証授業 郡山一中 社会科の発表で活用

福島県郡山市の中学校にて、タブレット端末を活用した検証授業が初めて行われました。
インターネットを利用して疑問点を調べることや、発表資料作りなどへの活用が期待されています。

タブレットで検証授業 郡山一中 社会科の発表で活用 | 県内ニュース | 福島民報

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。


”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+