【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

ECサイトカートシステムの選び方、比較前に抑えるポイント!

ECサイトカートシステムの選び方、比較前に抑えるポイント!

独自ECサイトカートの選定は非常に重要

本店(独自ドメイン)ECサイトの新規構築や、現在のECサイトのシステムを見直し(リプレース)する場合に、ECサイトのカートシステムを選ぶ必要があります。今回は、ECサイトのカートシステムを比較検討する前に、必ず押さえたいポイントや選定していく過程を含め、選び方についてご案内をしていきたいと思います。

楽天、yahooショッピング、Amazonなどに出店する場合は、各社が提供するカートシステムを利用することになります(例えば楽天であればRMSなど)。

しかし本店の場合はその選定は自由となり、自由である反面、多くのカートシステムの中から自らの判断で選ばなければならず、知識が少ない方にとっては至難の業となります。

その上ECサイトのカートシステムは、ECサイトのプラットフォームでもあり、そのECの売上にもかかわるため、選び方ひとつで大きく未来を変えてしまう可能性も高く、適当に選ぶこともできません。

カートシステムの機能分類や大別と選定基準について

ECサイトには、カートシステムが必要となります。なぜならECサイトはコーポレートサイトなどとは異なり、ショッピングカートなどWEBサイト自体に多くの絶対に必要な機能性があるからです。

例えば、商品を注文する場合に必要な通称「ショッピングカート」と呼ばれるカートのシステムであったり、支払をするためのクレジットカードなどの決済システムであったり、ECサイト自体を運用するための商品管理や在庫を管理するシステムやページを管理するCMS、また受注を管理する受注システムなどです。

最近では一般的にこれらを総称して「カートシステム」、「ショッピングカート」、「ECサイト構築ASP」、「ECサイト構築クラウド」などと言います。

ひと昔前はショッピングカートの部分のみシステムを利用し、商品のページや顧客などの管理は静的に構成したり、別システムで構成することも多くありました。ですので、ECサイトを実現する際に最低「カートシステムを利用する」ということからECサイトの絶対に必要な機能性を総称してカートシステムと呼ぶようになりました。

しかし、現在の通称カートシステムと呼ばれるサービスには、ショッピングカートの機能性のみならず、以下のようなECサイトに必要な機能性をほぼ全て保有したサービスが多く、昔のように複数のシステムを組み合わせることなくカートシステムのみで安価に十分ECサイトの必要な機能性を満たしています。

その機能の種類には大別すると、

  • ショッピングカートや決済を行う、カートシステム機能
  • 商品や在庫を管理する、商品管理機能
  • ページを管理する、ページ管理機能(CMS)
  • 顧客やCRMを管理する。顧客管理機能
  • 販促や分析を管理する機能、販促や分析機能
  • 受注処理等を行う、受注管理機能
  • 物流などを行う、物流管理機能

などです。要はカートシステムを選定する際には、これらの機能を別々のシステムで構成するのではなく、大半を兼ね備えたものを選ぶことが基本であることを抑えてください。特に、上述の上から5つの機能性

  • ショッピングカートや決済を行う、カートシステム
  • 商品や在庫を管理する、商品管理機能
  • ページを管理する、ページ管理機能(CMS)
  • 顧客やCRMを管理する。顧客管理機能
  • 販促や分析を管理する機能

については、それらが複雑に絡み合っている場合が多いので大半が一つのシステム(カートシステム)で実現します。

その他の受注管理(特にモールなどと受注処理を一元する場合)や物流管理(物流を委託する業者に依存する場合がある)、また分析部分(無償で優秀なGoogleアナリティクスなどがある)などは別の専用システムを選定する場合も多くみられます。

次に、カートシステムの分類とその選び方のポイントは、まず国内の主要カートシステムの分類を2つに大別するとASP型かスクラッチ型かに分けられます。その分類やサービスは以下の図をご参照ください。

ECプラットフォームのポジションマップ

この図で4つに大別している、クラウド型ASPと低価格ASPがASP型という分類、またパッケージとオープンソースがスクラッチ型という分類です。

スクラッチ型の選定基準

スクラッチ型の場合、自らのECサイトの運用に合わせたオリジナルなシステムの構築が可能であるため、カートシステムもその他の機能性でも自由な設計が可能となります。

その反面、システム自体は自社で管理しなければなりません。例えばアプリケーションなどのバージョンアップも自社の責任、費用負担で実施しなければいけないために、外部システムベンダーへシステムのカスタマイズ等の費用を年間数千万負担する覚悟がある会社か、もしくは社内にそのオリジナルシステムをカスタマイズできるエンジニアを(できれば複数名)抱えられる会社に適合します。

ASP型の選定基準

ASP型の場合は基本的にサーバやアプリケーションは全て提供会社が管理し、それらのカートシステムを通常は月額でレンタルします。

世の中の変化に対応したバージョンアップも基本無償での実施、導入サポートもついて安価に実現することができますので、前述したスクラッチ型に適合しない会社にマッチします。

比較前に検討すべきカートシステムの選び方のポイントは?

上で述べたようにカートシステムにも色々な機能性があり、上の図のように大別すると大きく4つの分類に分けられます。

まずはカートシステムに必要とする機能性は何か?を社内で決定しておく必要があります。そして次に、ECサイトの目指す方向性に合わせて、どの分類のカートシステムを選ぶのかを決定する必要があります。

それでは、上記の絞り込み選定が終わった後、その分類のサービス内でどのように比較検討すべきか、比較前に検討しておくべき選び方のポイントを以下参考に列記します。(今回はクラウド型ASPのカートシステム分類の中で検討する例を記載)

単品通販型か総合通販型か

この図の中のサービスでは
単品通販型:たまごカート、侍カート。
総合通販型:aishipR、フュチャーショップ、ショップサーブ、メイクショップ、コレカゴ。
と分けることができます。

しかし単品通販型の場合は機能制限や拡張性が乏しいこともあり、また総合通販型の中にも単品通販を売りにしていないだけで、単品通販実施に必要な十分の機能を有するサービスもあります。単品通販=たまごカート、侍カートを選定するのではなく、拡張性も考慮し、総合通販型のサービスも選定には入れておく必要があります。

サービスの実績や提供開始時期

一般的にサービスを長く提供し、提供実績が多い方が良いとされる傾向があります。

確かにASPカートシステムの場合は多くのユーザに長い期間もまれた方が洗練されている可能性も高いですが、その反面ECサイトの様に市場トレンドが目まぐるしく早く変化する市場では、長くやっているサービスは既に旧世代のシステムである可能性も高いということも考慮しなければいけません。

ですので、古く長いものが良いとは全く言えず、昔からのサービスであることのみで選んでしまうと時代に合わない非効率でかつユーザ満足度も低い旧世代のECサイトしかできない可能性もあります。また多く使われているサービスの場合、1社のニーズへの対応に対する扱いも悪くなる可能性もあります。

上記の理由から比較的新しいサービスで、最近使われ出してきているサービスも含め選定する必要があります。提供開始後半年以内など、出たばかりの新しいサービスはシステムの成熟度合や安定性も低い可能性があるので、1年以上は運営され、50社程度は利用実績があることが選定基準の目安です。

スマホ対応などのマルチスクリーン対応

基本的にASPのカートシステムサービスは、根本的な設計思想(サービスの根幹の構造)があるので、そのサービス自体そのものを新しいコンセプトのものに完全にバージョンアップできないという性質を持ちます。なので古いコンセプトのシステムはいつまでたっても次世代のものには変われません。

ECサイトのスマホ対応などのマルチスクリーン対応のトレンドを考えた場合、例えば2012年以前に提供開始しているシステムとなると、概念がスマホなどを含めたマルチスクリーン対応を前提としているものではなく、PCサイト主体にモバイルを別で構築するなどの旧来型(分離構成でのスマホ対応)のシステムにもなりますので要注意です。

2012年以降に提供開始しているものには、スマホなどを含めたマルチスクリーン対応の方法についてGoogleも推奨するレスポンシブWEBデザインを前提としているレスポンシブ専用のCMSを搭載したカートシステムがあります。

スマホなどのマルチスクリーン対応が必須のECサイトの場合はレスポンシブ専用のカートシステムを選定する必要があります。

デザイン自由度

ページの拡張性やデザインの自由度は、特にこだわった商品説明や特集ページ等をつくる際に重要で、売れてくると必ずといてよいほど必要とされる機能性です。

スマートフォンでの見た目など軽視されがちですが、最近ではスマートフォンでのデザイン自由度が最も重要です。こだわったECサイト構築をしていく可能性があるならば、その選定基準にはデザイン自由度の高さを入れる必要があります。

特に古いカートシステムのCMSは自由度が低い代わりに初心者でも簡単であったものが多いため、自由度を求める場合は比較的新しいカートシステムを選ばなければなりません。

他のサービスとの連携

ECサイト運用は単体のシステムのみならず、決済、集客、物流、分析など多くの他のシステムと連携して1体のシステムをなします。なのである程度主要なサービスとの連携は選ぶポイントに入れなければならないでしょう。

基本的なポイントとしては、

  • リスティング広告やアフィリエイトの連携ができているのか?
  • 物流であればヤマト運輸や佐川のB2やe飛伝などのツールとの連携は可能か?
  • 受注一括管理される場合は連携しているサービスはあるのか?
  • Googleアナリティクスは簡単連携できるのか?
  • 主要な決済との連携は図られているのか?

などが挙げられます。

独自機能カスタマイズ(独自機能追加)

また、ECサイトも売れてくると様々なサービスを独自に利用したくなる場合があります。そのようなことを考慮したい場合は独自機能カスタマイズ(独自機能追加)に対応したASPのカートシステムを選んでおく必要があります。

これは、html・cssといったECサイトのデザインにかかる部分のデザインのカスタマイズ性ではなく、システムにかかるカスタマイズ性を独自機能カスタマイズ(独自機能追加)と言います。

例えばカートシステムの中で、「**を表示したい」と言っても、そのようなことが標準機能で実現できなければ、生涯そのASPのカートシステムを使っている限りできない可能性があります。

なのでポイントとしては、初めはわからないが、後々「***のようなことがしたい」というようにニーズがあとから出てくる可能性があれば、独自機能カスタマイズ(独自機能追加)に対応したASPカートシステムを選びましょう。

機能性の検討

機能の多さも重要ではありますが、本当に必要な機能をしっかりと比較することが重要です。なぜなら実際に機能には実際あまり使われないものも多いためです。

またASPのカートシステムであれば各社しのぎを削って必要な機能を充実させています。というのも、トレンドの機能を十分満たしていくことが選ばれる理由だからです。ですので機能性については、細部まで比較検討していても、翌月には無いと思っていた機能が付加されているということも多々あります。

絶対必要な機能性をある程度事前に列記し、

  • 各サービスの標準機能としてあるのか?
  • 実装予定はあるのか?
  • 独自機能追加をして機能拡充することは可能か?

を確認しましょう。

あとは、どうしても後々必要となった場合を考えておいて、独自機能カスタマイズ(独自機能追加)に対応できるASPのカートシステムを選んでおくこともポイントとなります。

どのようにカートシステムを探せばよいのか?

238H

サイト上でカートシステムを比較したウェブサイト等が良くありますが、以下のようなことは参考の際に注意しなければいけません。

  • 情報がすぐに古くなっている(記事が2年前では古い場合もある)
  • 大半がアフィリエイトなど情報提供で収入を得ているため、情報に偏りや重要な情報が欠落している。また報酬が多いサービスに加担している。
  • 知らない人が書いている。

なので手間ですがその都度検索し、ネット上で直接サービスを探し、直接コンタクトを取ることが重要となります。

また知見のある人に聞くことも重要ではあります。しかしECのカートシステムのことをそこまで詳しく知る人がそもそも少ないことや、大半が「多く使われている、実績がある」などの判断基準になっていることも勘案する必要があります。

結果自社のECサイトのために本当に必要なカートシステムの選び方には、結局自分の目で判断するということをすることが最良となります。

ショッピングカートシステムの検索キーワードとは

その際に、ネット上でカートシステムを探す場合の検索ワードは、現在の呼ばれ方を考慮しなければ多くのサービスに到達できません。参考に現在ではASP型のカートシステムを探す場合は、「カートシステム」というキーワード以外に以下のようなキーワードで検索すると多く出てくると思います。

「ECサイト ASP」
「ショッピングカート ASP」
「ネットショップ ASP」
「通販サイト ASP」

また、上述の中でマルチスクリーン対応(レスポンシブ)を前提として探す場合は、「レスポンシブ対応」などのキーワードも含め
「ECサイト レスポンシブ対応 ASP」
などと検索すると多くの情報が出てきます。

また、独自機能カスタマイズが可能なASPカートシステムを選びたい場合は、
「独自機能カスタマイズ」「独自機能追加」なども含め
「ECサイト 独自機能カスタマイズ対応 ASP」
などで検索する必要があります。

いずれにしても、現時点でサービスはどんどん変化していることは確かでありますので、これらの選び方のポイントを加味してください。検索して、自らの目で確認して、比較検討することがECサイトカートシステムの選び方のポイントとなります。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+