ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

PayPay(ペイペイ)のオンライン決済を自社サイトに対応する方法

PayPay(ペイペイ)のオンライン決済を自社サイトに対応する方法

12月も後半戦になり寒さも一段と厳しくなってきました。年の瀬も迫ってきて年末商戦の忙しさも相まり今年も残りわずかだなぁと実感している次第です。

今回はPayPayが新しく対応した、自社ECサイトへのPayPayオンライン決済の対応方法をご紹介いたします。実店舗では多くのユーザーを抱えているPayPayですがオンライン決済とはどのようなものでしょうか。

PayPay(ペイペイ)オンライン決済とは

PayPayサイトのキャプチャ画像

ECサイトに携わる方だけでなく、実店舗で商売をされている方なら恐らく知らない人はいないであろう、PayPay(ペイペイ)。これまで100億円キャンペーンなど話題性の高いプロモーションで、乱立する◯◯ペイの中で抜群の存在感でユーザーを多く抱えています。

PayPayのユーザー数は2,000万人を超えており、その知名度と利便性から今後も大きな飛躍が期待されています。

これまでのPayPay(ペイペイ)オンライン決済は?

今回のPayPayによるオンライン決済とは、これまで「PayPayモール」や「ヤフオク!」、「Yahoo!ショッピング」などのYahoo関連のECサイトに限定されていたECサイト上でのPayPay利用を、自社ECサイトでも利用可能にしたものです。

自社ECサイトを利用される方は商品を購入する際に、PayPayの決済を選択するだけで、普段利用しているPayPayアカウントの残高や登録されているクレジットカード情報を利用して、簡単に商品を購入できるようになります。

PayPay、スマホでの決済は?

PayPayオンライン決済(スマホアプリ購入の場合)

スマホECサイトで商品を購入し、PayPayでの決済を選択すると、お持ちのスマホにPayPayがインストールされていれば、PayPayアプリが立ち上がりそのまま決済が可能です。

クレジットカード番号の入力等も必要なく、簡単に商品を購入することができます。

PayPay、PCでの決済は?

PayPayオンライン決済(PCで購入する場合)

もちろん、スマホECサイトでの購入時だけでなくPC購入時もサポートされていて、PCでのECサイトでは決済選択時にQRコードが表示されるので、そのQRコードをPayPayアプリがインストールされたスマホで読み取るだけ。

こちらも面倒なカード番号入力等の手間なく、商品の購入をすることができます。

自社ECサイトへPayPay(ペイペイ)オンライン決済を対応する方法

自社ECサイトにPayPayオンライン決済を対応するには、前提として自社ECサイトとPayPayのオンライン決済を連携する必要があります。これには利用されている自社ECサイトのショッピングカートシステムとPayPayオンライン決済の連携を確認してください。

aishipRはPayPayオンライン決済連携

ちなみに弊社の提供しているECサイト構築クラウド型プラットフォームの「aishipR」はPayPayによるオンライン決済との連携を2020年3月上旬に予定しており、無料で早く簡単に導入することが出来ます。早期エントリーによるお得なキャンペーンも実施中ですのでこの機会にぜひエントリーください。

■PayPayオンライン決済の詳細、キャンペーンの詳細・条件等はこちら
PayPayオンライン決済導入

■2020年1月31日までの早期エントリーキャンペーン特典

  1. 初期・月額費用無料
  2. 導入設定電話サポート
  3. 早期エントリー優先審査のご案内
  4. PayPay(ペイペイ)対応ECサイト30万円構築パック

PayPayオンライン決済に対応する3つのステップ

ステップ1:キャンペーンへエントリー

PayPayオンライン決済導入ページからキャンペーンへ期間内にエントリーを完了します。エントリーは無料でいつでもキャンセルは可能です。

ステップ2:導入審査書類のご提出

エントリーをいただいた順に導入審査書類をご案内、取次をいたします(2020年2月頃予定)。

ステップ3:自社ECサイトへの設定

審査完了後、PayPayオンライン決済の接続を実施しますので、管理画面で簡単設定(ECサイトへの導入)でPayPayオンライン決済の導入が完了です。導入開始は2020年3月上旬を予定しています。詳細の時期は追ってご案内いたします。

キャンペーンは2020年1月31日までですのでお早めにエントリーください!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。