記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

自社ECカートシステムに複数のスマホ決済(QRコード決済)を一括導入する方法

自社ECカートシステムに複数のスマホ決済(QRコード決済)を一括導入する方法

日常生活においてキャッシュレス決済が浸透している中、ECサイトにおいてもキャッシュレス決済の多様化が進んでいます。


(引用元:SBペイメントサービス株式会社 「最新のECサイトにおける決済手段の利用実態調査」 2022年7月6日)

SBペイメントサービス株式会社より公表されている最新のECサイトにおける決済手段の利用実態調査を確認すると、以下の点を読み取れるかと思います。

・依然としてクレジットカード決済の利用率が過半数を超えているものの、その利用比率は減少傾向にある
・PayPayやその他QRコード決済の比率が伸びている
・決済の多様化が進んでいる

このような傾向は今後も続くと予想でき、スマホ決済の導入を検討しているEC事業者も多いのではないでしょうか。しかし、ひとえにスマホ決済と言っても複数の決済サービスが存在しています。ECサイトにて豊富な決済手段を用意しておくことは、ECの利用者視点では利便性の向上に繋がる一方、受注運営側の業務フローが複雑化する懸念点もあがります。

本記事では、多様化する決済を複数運用することも視野に入れ、自社ECにスマホ決済(QRコード決済)を導入する方法を解説していきます。

スマホ決済(QRコード決済)とは

QRコード決済はバーコード決済とも言われ、スマートフォンのカメラ機能を利用して店舗側が用意したQRコードを読み取るか、スマートフォン側に表示されている決済用のQRコード(バーコード)を店舗側の決済端末で読み取ることで決済を行うことから、スマホ決済とも呼ばれています。QRコード決済には、PayPayの他、楽天ペイ、d払い、auペイ、メルペイなどがあり、事前にクレジットカードや引落口座と紐づけておくことで、簡単に決済ができます。ECサイトにてQRコード決済と連携しておくと、利用者は希望する決済方法を選択するだけで、決済情報を入力する手間が省ける為、カゴ落ちを防ぐ効果が期待できます。

自社ECにスマホ決済(QRコード決済)を導入する方法

運営するECサイトにてスマホ決済(QRコード決済)を利用できる状態にする方法として、例えば、ECモールに出店するという方法もあります。しかしこの場合、各ECモールで利用可能な決済のうちスマホ決済(QRコード決済)に限定してみると、YahooショッピングではPayPayのみ、楽天市場では楽天ペイのみといったように、ECモールの運営側が用意した決済しか利用できません。あらゆるスマホ決済(QRコード決済)に導入したければ、自社ECにて対応していく必要があります。

スクラッチ開発の場合

ゼロから構築するスクラッチ開発やオープンソース、パッケージソフトを利用したECサイト構築方法の場合、自社ECのターゲット客層にあわせて希望するスマホ決済(QRコード決済)を連携できるでしょう。自由度が高い反面、莫大な開発コストが必要で、サーバーやアプリケーションなどの安全性(セキュリティ)の確保や、安定性や機能性等を自己責任で維持していく必要があります。特に決済連携は、正常に購入できないとECの売り上げにも影響が及んだり、注文者に迷惑をかけてしまう場合もあるため、開発ミスが許されません。システム全体を理解して開発を行い、メンテナンスも自分たちで行うため、システムに関する方針や特別な知識や技術を有する人を継続的に確保する必要があります。複数の決済を導入する場合は、各社の異なる仕様を理解し、運用フローが複雑化しないように設計する必要もあります。

また、今後新たなペイが登場する可能性もありますし、例えば、LINE PayがPayPayに吸収合併されたように、最新の動向を自らで追っておく必要があります。

ASP/クラウド型の場合

ASP/クラウド型の場合は、ASP事業者側で用意してある決済の中から申し込むだけで希望する決済を利用できます。開発コストは不要で特別な人材も用意する必要がなく、システムの利用料金のみで運用が可能です。メンテナンスやセキュリティの維持もASP事業者側で行い、今後、新たなペイが登場しても、ASP事業者側にて用意されれば、申し込むだけで利用可能となります。

ASP/クラウド型のECカートシステムは、多くのEC事業者に広く汎用的に利用されることを前提にしているため、個々の要求を満たさない場合も考えられますが、まずは用意されている決済画面を動作確認し、自社のEC運営をASPのシステム仕様に寄せていけるかを判断しましょう。

また、複数のスマホ決済を導入したい場合、EC運営者側のフローも確認しておきましょう。スマホ決済ごとに運用フローが異なれば、EC運営者の業務負荷が高まります。

複数の決済をまとめて導入可能なaishipシリーズ

クラウド型ECサイト構築ASPのaishipシリーズの場合、クレジットカード決済(3Dセキュア2.0対応)と、スマホ決済(QRコード決済)のPayPay、d払い、楽天ペイ等の各種決済を、同一の決済代行会社にて導入可能です。この為、複数の決済を導入しても、受注後に発生する業務(売上処理やキャンセル処理、金額の変更など)のフローに統一性があり、受注担当者の業務負荷が高まらない運用が可能です。

また、aishipシリーズではソーシャルギフト機能の利用も可能です。商品選びから決済、SNSを活用した贈り方に至るまで、全てスマートフォンで完結します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自社ECサイトにスマホ決済(QRコード決済)を導入する際は、今、必要な決済を単発的に導入するだけでなく、今後の拡張性にも柔軟なシステムで、ECサイト構築・運用することが重要です。また、受注運用フローについても十分に確認した上で、自社ECの運営に最適な方法で検討すると良いでしょう。

                   
クラウドECのサイト構築はaishipR-カスタマイズ可能なASP実績No.1

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

ECサイト構築カテゴリの最新記事