【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

Search Console連携機能

aishipRはSearch Consoleの自動連携ができる唯一のショッピングカートです。

機能概要

サイト流入前の分析に役立つ「Search Console」。
aishipRの管理画面からの操作が可能です。

特徴の詳細

Google Search Consoleとは

Search ConsoleとはGoogleの検索結果で自社サイトの掲載順位等を管理、改善するのに役立つGoogleが提供する無料のサービスです。Search Consoleにサイトを登録することでGoogleにサイトを正しく理解させることができ、SEOの改善を行うことができます。

また、ECサイトを運営する上では非常に有効であり、効果の高いSEO対策を行うには必須と言ってもよいツールになっています。

なぜSearch Consoleが重要なのか

Search ConsoleはサイトをGoogleに正しく認識させるシステムになります。また、サイトにどのようなワードで流入しているのか、サイトがGoogleからどう評価されているのかを知る有効な手段となります。

同様にGoogleのツールであるGoogle Analyticsがサイト流入後の行動などのデータを分析できることに対して、Search Consoleはサイト流入前のデータに対しての分析が可能になっています。

ECサイトで言うと売上げというコンバージョン率を上げるための分析ツールがGoogle Analyticsであり、顧客数である流入数を上げるための分析ツールがSearch Consoleになります。

Search Consoleでサイト流入前のデータが分析できることのメリットとしては以下のようなことがあります。
サイトのクロールを促すことができる(サイトマップの送信)
XMLサイトマップを送信することで新規作成したページのGoogleへの認識を即時に行わせ、検索結果に反映させます。ECサイトは、季節商品や流行りの商品など検索結果表示へのスピードがコンバージョンに直結するため、確実に設定しておきたいのがサイトマップの送信です。
顧客がどのようなキーワードでの検索から流入しているかが分かる
顧客の流入経路が分かるので、獲得したいキーワードで流入が取れているのか、どのようなキーワードに関心があるのかなど、流入数増加のための分析が可能です。順位は何位か、何回クリックされたかといった細かい項目まで参照でき、結果に至るまでの推移を確認できるため、原因まで分析することができます。
Google Analyticsとの連携が行える
Google Analyticsとの連携をすることで流入前からコンバージョンまでを一気通貫で管理することができるので生産性の高いサイト分析を行うことができます。具体的にはSearch Consoleで取得した検索クエリをAnalyticsでの分析に活用することができます。
サイトのエラーを確認できる
検索エンジンに対してのエラーを受け取ることができます。「自身のサイトがユーザビリティを損なうものであったり、重複コンテンツや不正な被リンクがある。」といったペナルティがある場合はいくら良いコンテンツを作っても評価されません。

エラーを受け取ることでそうしたペナルティを事前に防ぎ、改善することが可能です。

Search Console自動連携で出来ること

aishipRはECプラットフォームとして初のSearch Console APIとの連携を行いました。この連携で管理画面上でSearch Consoleを操作することができ、更に細やかなSEO対策を手間なく簡単に行うことが可能になっています。

以下3つがaishipR管理画面で操作できるSearch Consoleの項目になります。
Search Console導入の連携
aishipRの管理画面上で必要な情報を設定することで、所有権の確認が簡単にできます。Search Consoleの管理画面を経由する必要はありません。
サイトマップの送信の連携
新しいコンテンツを制作し、即時に検索結果に反映させようとするとSearch Consoleの管理画面上でサイトマップの送信が必要ですが、そのサイトマップをaishipR管理画面上から送ることが可能になります。
サイト分析の連携
Search Consoleで提供されている検索パフォーマンス機能を、aishipR管理画面で確認することができます。ページ毎の検索順位やサイトへの流入ワード(検索クエリ)の確認、期間を絞った分析などをより効率的に実施出来るようになります。

これら三つのことが管理画面で行えることで、簡単にSearch Consoleでの運用ができます。さらに、GoogleAnalyticsもaishipRでは連携しているのでサイトの分析作業については全て管理画面上で完結させることができます。


※開発中の機能で3月より順次実装予定になります。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会