【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブウェブデザインを簡単に構築できるCMS

レスポンシブウェブデザインを簡単に構築できるCMS

レスポンシブECプラットフォームとしてサービス提供しておりますaishipRですが、ECサイトに限らず、レスポンシブサイトを簡単に構築できるCMSとして、ご利用頂いている事例がございます。

レスポンシブウェブデザインとは

レスポンシブウェブデザインとは、近年増え続けるさまざまなデバイスに対応すべくウィンドウサイズに合わせて、自動的にページのデザインを変化させたり、最適化をする方法のことです。

これにより、スマートフォンやタブレットなど、近年増え続けるさまざまなデバイスに対し、1つのHTMLファイルで制作が可能な為、作業の効率化にも役立つGoogleからも推奨されているWeb制作手法です。

Webサイトを作りたいけれど、例えば

  • スマートフォンサイトを作成するにはどうすれば良いか?
  • スマートフォンサイトはパソコンサイトとは別で作成しなければならないのか?
  • タブレットなどを含めてあらゆるデバイスが登場し、各デバイスに対応したサイトを作成したいが作り方が分からない。

このような悩みに対し、レスポンシブウェブデザインを簡単に構築できるCMS「aishipR」を利用すれば、PC用サイト、スマホ用サイト、タブレット用サイトをそれぞれ分けて作成することなく、1回の操作でレスポンシブウェブデザインを構築することができます。

簡単操作でレスポンシブサイトの構築が可能

しかもHTMLやCSSなど、サイトをイチから構築していく上で必要な知識が無くても、機能ごとに用意されたパーツを組み合わせるだけの簡単操作です。

さらに、例えばPCだけに見せたいコンテンツがある場合は、各デバイスごとに用意された表示の切替機能を使うだけでデバイスによって表示を変えることも可能です。

もしレスポンシブウェブデザインをイチから構築するならば、CSSでMedia Queriesを用いてスクリーンサイズ毎に設定する方法や、JavaScriptでスクリーンサイズ毎に条件分岐を指定する方法がありますが、コードを書く知識とサイトを運営する上で管理する手間が発生してしまいます。

レスポンシブウェブデザイン構築サイト事例

レスポンシブECプラットフォーム・aishipRを利用して、EC以外でレスポンシブウェブデザインを構築したサイトの事例をいくつかご紹介します。

予約申込サイト

株式会社 OCEAN TRIBE様
http://gr-gr.jp/ 

EC機能は使わずに、レスポンシブウェブデザイン構築と予約受付の為の申し込みフォームを活用した事例です。aishipRで作成したデザインは、WordPressのデザインにも採用しており、サイト全体として一体感のある仕上がりになっています。

予約レンタルサイト

株式会社京繊様
http://hakama-collection.jp/

予約レンタル機能をご利用頂き、構築したレスポンシブウェブデザインサイトです。予約レンタルサイトは現在、制作が進んでいる案件もあり、今後事例としても増えていく予定です。

作品閲覧サイト

日本大学芸術学部写真学科 様
http://www.nuaphoto.com/

レスポンシブウェブデザインを利用することでデバイスごとに更新作業を行う必要がなく、1回の更新作業だけで済むため、更新業務が飛躍的にアップしたとの声を頂いています。

メルマガ会員受付・来店促進(O2O)

残念ながら具体的に事例としてご紹介することはできませんが、実店舗を持っている場合、QRコードを用いて会員登録し、会員登録者に対してメルマガやクーポンを配布し来店を促進させるといった、O2Oに対応させることも可能です。もちろん、メルマガ配信もレスポンシブに対応しています。

最後に

いかがでしたでしょうか。ECサイトの構築事例としましては、「レスポンシブECサイト導入事例」にて紹介させて頂いておりますが、その中でもECサイト以外の構築事例をまとめてみました。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+