記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

ECサイト構築

1/6ページ
  • 2022.04.28

再入荷お知らせ通知を自社ECにて設定する方法

在庫切れの商品ページを放置していませんか?ECを運営していく中で、販売商品が欠品することはやむを得ないことかと思います。しかし、せっかく購入希望者に訪問されたページで、在庫切れが原因でその時に購入できなかったとしても、次のアクションを用意していないと離脱されてしまいます。そのような機会損失にならないよう、商品が再入荷したときに備えた対策をしておきましょう。クラウド型ECサイト構築ASPのaishi […]

  • 2022.04.15

商品や配送先都道府県ごとのリードタイム設定で最短配送日時を表示できるECショッピングカート

EC運営において、いかに多くの注文を獲得できるか、集客に対して注力することも重要ではありますが、受けた注文を、いかに早く正確に注文者の希望に沿った日時に届けることができるかについても重要なポイントです。注文された商品の配送に必要な日数は、商品の出荷場所と注文者が指定する発送場所の距離や輸送方法によって当然変わります。注文者が配送希望日時を指定する際、どのエリアを指定されても確実に届けられる日時を選 […]

  • 2022.03.25

Cookie使用許可に関する同意を得る方法~同意ボタンを簡単に設置する方法や管理ツールのご紹介~

2022年4月に施行される改正個人情報保護法。これによりECサイト運営にはどのような影響が出てくるのでしょうか。 個人関連情報とは、「生存する個人に関する情報であって、個人情報、仮名加工情報、匿名加工情報のいずれにも該当しないもの」(個人情報保護法26条の2第1項)を指します。具体的なものとして、氏名等の個人情報と結びついてないネット閲覧履歴、位置情報、Cookie情報等が想定されています。今まで […]

  • 2022.03.17

定期購入/サブスクECシステムをリプレイス(引っ越し)する際の手順を徹底解説

現状のECシステムに何らかの課題があり、どうしても課題解決できない場合はシステムのリプレイス(引っ越し)を検討することになっていきますが、定期購入(サブスク)を運用しているシステムのリプレイスは、都度購入型の通販のシステムリプレイスの作業に加えて、定期購入に関するデータの移管作業が必要となります。 定期購入のデータ移管でポイントとなってくるのが、定期購入専用の商品情報(お届けサイクルやお届け回数/ […]

  • 2022.03.11

全ページ独自ドメイン運用はASP/クラウドECで実現可能!Cookie規制への対処方法

2022年4月より施行される改正個人情報保護法にて、Cookieに対する規制が強化されます。Cookieは「個人関連情報」と位置付けられ、第三者提供の際の規制が設けられます。このような動きは今に始まったわけでもなく、Google社が提供する「Google Chrome」では、サードパーティCookieを2023年中に廃止することが発表されております。 Cookieとは、簡単に言うとWebサイトの訪 […]

  • 2022.03.09

QRコード決済利用率No.1のPayPayをECサイト(ネットショップ)に簡単に導入する方法

政府が推進するキャッシュレス政策にコロナ禍の影響も相乗して、現金のやり取りによる人と人との接触リスクのない非接触型の決済が今、右肩上がりに普及しております。2022年1月にMMD研究所によって発表された「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」によると、「最も利用しているQRコード決済」において、PayPayが群を抜いて利用されており、2022年1月19日時点で利用者数4,50 […]

  • 2022.03.07

【CSS】Flexboxのorderプロパティでコンテンツの表示順を簡単に入れ替える方法

ECサイトの構築方法の1つに、ASP(クラウド型)という方法があります。ASPの場合、テンプレートが予め用意されていることで、スタートアップを早めることができる一方、システム側で用意されたHTML部分は編集の自由度が下がり、意図したい表示を実現できない場合があります。 クラウド型ECサイト構築ASPのaishipシリーズの場合、レイアウトやコンテンツ部分を自由にHTMLを組むことができ、パーツ単位 […]

  • 2022.03.03

来店型の予約販売(店舗取り置き/予約サービス)はECシステムの「店舗受取機能」で実現可能

「街のお店に訪問したら希望の商品が売り切れで購入できなかった」こんな苦い体験は消費者側もしたくないですし、販売店側も機会損失へと繋がってしまう為、避けたいところです。 このような事態を回避する為に、「ネット上で予約をした上で店舗に行きたい」「欲しい商品を受け取りたい日時指定して、気軽に予約ができたら便利」と言うニーズが上がってくるのは当然のことだと思います。しかしシステム化となると、自社開発の場合 […]

  • 2022.03.01

1カラムレイアウトのレスポンシブECサイト事例

ECサイトにおけるレイアウト構成は、2カラムが主流とされています。 取り扱い商品点数やカテゴリ数が多いECサイトや、バナー、レビュー(星の数)、営業日カレンダー等、見せたいコンテンツが多いECサイトでは、2カラム場合によっては3カラムのレイアウト構成で、賑やかなイメージを持たせることができ、次に遷移するページの選択肢が多いためサイトの回遊率の向上にも繋がります。 一方、シンプルなイメージで、メイン […]

  • 2022.02.22

jQuery&CSSでレスポンシブなハンバーガーメニューを簡単に作成する方法

ハンバーガーメニューは、今やスマートフォンサイトやタブレットサイトにて広く普及されているメニューの表示形式であり、中にはPCサイトでも設置されている事例さえ見られます。かつては、これがメニューだと認識されないという短所もありましたが、ハンバーガーメニューのデザインが一般的に認知広まったことで、操作方法と、操作することによって期待できる表示結果を多くの人が予想できるようになりました。 スマートフォン […]

1 6