記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

iPhone 6 PlusでモバイルのUI/UXは大きく変わるかもしれない。

iPhone 6 PlusでモバイルのUI/UXは大きく変わるかもしれない。

iPhone 6 /6 Plusが発売されましたが、皆さん入手されましたでしょうか?Appleの公式サイトではSIMフリー端末がまだ出荷までに時間がかかるほどの人気となっています。(2014年11月現在)

弊社も例に漏れず、iPhone 6 /6 Plusを手に入れまして、サイトのユーザービリティなどを検証しています。今回は6 Plusを実際に触っていて感じたことをまとめてみたいと思います。

6 Plusは大きい

「何をいまさら?」と思われるかもしれません。でも正直かなり大きいです。写真で比較した画像など多く出回っているので感覚的に「大きくなったな」くらいに思っていましたが、5.5インチの実機は思っている以上に大きい。

私はプライベートではiPhone5cを使っているので、実際に触ってみるとその大きさに感動すらします。

iphone6Plus

大きい故に片手での操作は困難

出来ないことはないのですが、片手で操作をしようとするとかなり困難に感じます。

端末自体が大きいので、片手で持っているとグリップが不安定です。故にフリックで文字を入力するのも、キーボードで入力するのもストレスでした。

また一番ストレスだったのは、スマホサイトでよくある右上(左上)にあるメニューボタン(通称ハンバーガーアイコン)

ハンバーガーアイコン
これのことです。

これ親指ではまず届きません。4インチサイズのiPhoneでは少し指を伸ばせば届いていたものが、5.5インチのiPhone 6 Plusでは片手では絶対に届かない距離にあります。

これからのモバイルユーザービリティに必要なもの

大きいスクリーンに対応したサイトデザインの参考記事がありました。

How to design for thumbs in the Era of Huge Screens

ここではiPhone 6 Plusまでの親指でのサイトの使いやすい位置を図で解説しています。

親指
※上記サイトより

下部メニューが標準になる?

岡本サイト

WP-kyoto

このサイトのようにメニューは下部に配置する方が、モバイル時代のサイトデザインとしては最適なのかもしれません。(スマホのスクリーンサイズのみ下部メニューになっています)

スクリーンサイズが大きくなるにつれ、モバイルサイトのユーザービリティにも変化が必要です。

PCが標準であった「上部にメニュー」の先入観は大きく崩れ、モバイルファーストで設計した下部メニューがいずれ標準的なサイトデザインになる日も近いでしょう。

iPhone6/6 Plusの登場でスマートフォンのスクリーンサイズ大型化にさらなる拍車がかかりました。サイト制作者はモバイルでのユーザービリティを優先して、今までのサイト構築の「当たり前」を切り捨てなければなりません。

上林

                   
クラウドECのサイト構築はaiship-カスタマイズ可能なカートASP

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

レスポンシブWebデザインカテゴリの最新記事