【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

顧客を迷わせない!優れたUIのECサイトにおける6つの特徴【ロクシタン通販サイト】

顧客を迷わせない!優れたUIのECサイトにおける6つの特徴【ロクシタン通販サイト】

ショップ名 ロクシタン L’OCCITANE en provence
URL http://www.loccitane.co.jp/
QRコード ロクシタン公式サイトQRコード

サイトのUIを検証

1.TOPページ/カテゴリページ

TOPページ
TOPページ(左)の表示に必要にして、スマートフォンECサイトとして売上を上げていく上で、必要な情報が表示されており、賑わっている感じも出ています。
その中でも目に留まったのが、スマートフォン以外の携帯電話では、間もなく通信販売を終了するというお知らせ。

MM総研「2014年度通期国内携帯電話端末出荷概況」(http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150514500)によると
携帯電話の出荷台数のうち約4分の3はスマートフォンですが、フィーチャーフォン出荷台数は前年度比6.0%増といったデータも出ています。
根強いフィーチャーフォンユーザー向けにも通販を継続させるかの判断は、どのECサイトでも悩ましい決断なのかもしれません。

カテゴリページ(右)でも、商品のサムネイル画像や販売価格や商品を説明するアイコンなど必要最低限が表示されています。
商品の並び替えの選択肢に「商品名称順」が設置されており、類似商品を確認したいときに便利に感じました。

2.商品によって切り替わるボタン

商品ページ
商品ページにおいて、購入可能な商品の場合は「カートに入れる」ボタンが表示されるのは当然ですが、予約商品の場合は「予約する」、定期商品の場合は、「定期購入する」といったように、用途によってボタンの表示が切り替わる点が優れています。
もちろん、商品の在庫が無い場合はSOLD OUTと表示され、カートに入れるボタンは表示されません。

3.通常商品と定期商品の注文は順番に

033
予約商品は、通常商品と同時にカートに入れて、購入することができます。
定期商品は、通常商品と同時に購入することはできませんが、カートに入れるところまでは可能です。
また、定期商品と通常商品のどちらか一方から順に注文することが可能になっている為、注文者が通常商品と定期商品のどちらを購入しようとカートに入れたのか
分からなくなったとしても迷うことなく注文を進めることができます。

4.カート内での優れたUI

カートページ
カート内で注文を進めて行くとお届け日の選択画面が表示されます。
通常商品の場合は、最短のお届け日を指定することができますが、
予約商品がカートに入っている場合は、予約商品のお届け日以降しか選択できなくなります。

5.ギフト配送に適したUI

ギフト
ギフト配送を意識したUI設計として優れている点が2点ありました。
1点目は、複数商品を購入した場合でも、商品ごとにギフト配送(ラッピング)を選択できるようになっています。
単純に選択できるようになっているだけでなく、写真付きで見た目にも分かりやすく表示されています。
2点目は、送り主を設定できる点です。通常であれば、購入者情報とは別の送り主で配送することができるようになっています。

6.決済ページでの優れたUI

決済ページ
注文時に宅配BOXを利用可否を選択できるカートを最近よく見かけるようになりました。カート内で「不在時宅配BOX利用可」を選択した場合は、次の決済方法の選択画面で、代金引換を選択できなくなります。宅配BOXを利用する場合は、商品受け取り時に代金の支払いができませんので、代金引換を選択することが出来ないのは当然とも言えます。カートによっては、決済を選択させてから配送方法を選択する流れになるカートもありますが、配送方法を選択させてから決済を選択させる方が理に叶った導線になっていると言えます。

最後に

最近では定期購入商品を扱うショップも増え、通常の商品、そして予約販売といった、商品の販売方法の多様化が広がっています。
そんな中、商品の販売方法にあわせた表示や購入操作が出来ている点において、優れたECサイトであると感じています。

次回のレビューもお楽しみに!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+