【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

マルチデバイス時代に合わせたユーザーに最適なLPを考える

マルチデバイス時代に合わせたユーザーに最適なLPを考える

マルチデバイス対応のランディングページとは

前回の記事「マルチデバイス時代に合わせた Google検索や広告出稿に最適なランディングページとは?」ではGoogleの広告運用の変更やGoogleが推奨するサイト構築方法について解説いたしました。

今回はGoogleが一番推奨するレスポンシブwebデザインを使ってどのようにランディングページを構築していけばよいかを解説していきます。

スマートデバイスを中心にサイトを構築する

レスポンシブwebサイトでランディングページを構築する場合、ただ単にPCサイト用のコンテンツをスマートデバイスに縮小するだけでは意味がありません。

これまでのPCサイトでの構築の考え方を変える必要があります。ランディングページに限らずレスポンシブwebサイトを構築する上で非常に重要なのがワイヤーフレーム(サイトの骨組み)の構築になります。

それぞれのデバイスでどのような表示をさせるのかを構築する前に決めてしまえば、あとはコンテンツの配置に従い当て込んで行けばよいので非常にスムーズに構築ができます。

PC、タブレット、スマートフォンのワイヤーフレームイメージ

ポイントは各デバイスで共通したコンテンツを使うという事になります。

前述したように、Googleは1ソース1URLでのサイト構築/運用を推奨しています。テキストももちろんですが画像(バナー素材)でもPCを中心に考えて作るとPCではうまく表示できるもののスマホでは画面が小さいが為にまったく読めない文字になる可能性もあります。

PC用をスマホにそのまま小さくすると見にくい

よってレスポンシブwebサイト構築を考える上で『スマートデバイスから考える』という事が大きなポイントになります。

サイト上にあるランディングページを見ていると、『PCサイトをスマホで最適化されている風にする』という方法をよく見かけますが、これは論外です。既にエンドユーザーのスマホサイトに対する目が肥えてきている中でしっかりと最適化されていないECサイトは確実にCVRが下がります。

どのデバイスでもきっちりと情報が閲覧でき、ユーザーが目的としている情報をにたどり着けるように最適化しなければなりません。

レスポンシブwebサイトでもPCとスマホサイトでは表示を変えてこだわりたい

前述したようにレスポンシブwebサイトでは共通のコンテンツを表示させることが原則としてあります。

しかしCVRを上げる為にどうしてもデバイスに合わせたデザインをしたい!という声も実際多く頂きます。弊社aishipRではそのようなお客様のご要望にもお答えできるよう、デバイス毎に表示させるコンテンツをクリック1つで切り替えることができます。

スマホ用コンテンツに切り替える

上記のようにスマートフォン専用のヘッダーやスマートフォン専用のメイン画像を用意し、管理画面にて簡単にデバイス毎の表示が切り替え可能になっています。

クリック1つで表示の切替可能

 

まとめ

レスポンシブwebサイトというととても小難しく考えてしまいますが、その必要はありません。まずはレスポンシブwebサイトとは何なのかをしっかりと理解し、実際にサイトオーナー側がスマートデバイスやPCなど様々なデバイスで買い物をする際のUX(ユーザーエクスペリエンス)を各デバイスに反映させていけばよいのです。

これはランディングページを考える上でも同じです。

これまでもEC事業者様の多くはPCサイトではランディングページ等取り組んでこられたと思います。そのリソースを今後はスマートデバイスを中心にシフトしPCサイトでも閲覧できるコンテンツに考え直しレスポンシブwebサイトで構築していく必要があります。

岡村

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+