【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

これはすごい!GoogleがHTML5を使った広告制作ツールを無償で提供

これはすごい!GoogleがHTML5を使った広告制作ツールを無償で提供

Google Web Designer

Googleが2013年10月1日、Web制作者向けのオーサリングソフト「Google Web Designer」を公開しました。現時点ではPC向けに提供されており、対応OSは、AppleのOS X、MicrosoftのWindows7〜となっています。

PC、タブレット、スマートフォンなどのマルチデバイスに対応できるコンテンツ作成、さらにHTML5およびCSS3を駆使してインタラクティブな広告素材を直感的に作成できる点が特徴です。

新規作成キャプチャ
基本的にはウェブ広告を作成するオーサリングツールとなっていますが、HTMLやCSS、さらにJSなどのファイルを作ることも可能。

 

FlashからHTML5へ

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスからのインターネットアクセスが増加しており、HTML5に対応したデバイスを使うユーザーはFlash対応のそれを上回る見通しです。さらに今後2年で広告出稿に関しても、HTML5を使った広告がFlashの広告を上回るとのこと。

しかし最近まで、マルチデバイスに対応した広告コンテンツを簡単に制作できるツールがなく、今回のGoogle Web Desingerのリリースはそれら広告主のニーズに対応した形となります。

But until recently, advertisers didn’t have the tools they needed to easily develop content fit for today’s cross-screen experiences.

参考:Google Web Designer beta now available: Build beautiful HTML5 creative with ease.

直感的なUIを実現
直感的なインターフェイスで初心者でもHTML5を使ったインタラクティブなWeb広告を制作することが可能。さらにデザインモードと、コードモードを切り替えることでプレビューをしながらの編集も簡単に行えます。

スタイル確認も簡単
スタイルパネルを編集すれば表示されているCSSを調整することもできます。

3Dコンテンツも制作可能
さらに3Dコンテンツやアニメーションの制作できるようになっており、制作の幅はかなり広がるように思います。

詳細のガイドムービーは以下よりご覧いただけます。

Google Web Designer

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+