記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

タブレットユーザーの操作性で、ECサイトの購入率は大きく変わる。

タブレットユーザーの操作性で、ECサイトの購入率は大きく変わる。

タブレットでも買いやすいサイトを

海外のサイトでは最近見かけるようになったレスポンシブWebデザインで構築されたECサイト。日本でも数は少ないですがちょくちょく見かけるようになっています。

今回はそんなレスポンシブWebデザインで構築された『AGATHA』でお買い物をしてみました。

サイト名 AGATHA
URL http://www.agatha.jp/
QRコード
1.TOPページ

会員登録や利用ガイドなどのメニューがPC表示ではページの上部、タブレット表示ではページの左部に表示されます。Facebookのモバイルアプリで利用されている「フライアウト」と呼ばれるナビゲーションです。

フライアウトの設置方法は下記を参照下さい。
レスポンシブデザインで参考になるナビゲーション5パターン

【PC表示】

【タブレット表示】

2.会員登録

指を使って長い利用規約をスクロールするのはやはりユーザーにとってはストレスになります。PCではウィンドウ内に入れ込んでいますが、タブレット表示の場合は別ウィンドウで開く配慮がされているのが嬉しいですね。

【PC表示】
利用規約(PC)

【タブレット表示】
利用規約(タブレット)

3.カート

構成や表示する情報などはPC・タブレットともに大きな違いはありませんが、タップ操作をするタブレットユーザーのために、ボタンやセレクトボックスが大きく、利用しやすい工夫がされています。

【左:PC表示 右:タブレット表示】

終わりに

とてもシンプルなサイトでPC表示とタブレット表示の差が少ないサイトだな、と感じました。(そして必要な部分はきちんとタブレット対応されています。)

PCでマウスを使って操作をするのと、実際の指を使ってタッチパネルを操作するのとではユーザビリティに大きな差があります。PCでもタブレットでも買い物をするというユーザーにとってはレスポンシブWebデザインでどのデバイスにも最適化されたサイトを提供することで、購入率も大きく変わってくるのではないでしょうか。

次回のサイトレビューもお楽しみに!

山瀬

photo credit: Freimut via photopin cc
                   
クラウドECのサイト構築はaishipR-カスタマイズ可能なASP実績No.1

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

レスポンシブWebデザインカテゴリの最新記事