【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

事例でみる!ECサイトをレスポンシブ化するポイント~ESTHETIC JAPAN~

事例でみる!ECサイトをレスポンシブ化するポイント~ESTHETIC JAPAN~

レスポンシブ化するポイント

Web業界において大きな盛り上がりを見せているレスポンシブwebデザイン。企業ページやブランディングサイト等では多く取り入れられていますが、『ECサイト』に限っていうとまだまだ導入されておられる企業は少数です。

しかし、「自然検索アクセス146%伸長。ECサイトのレスポンシブ化がSEOに強い理由を検証。」でも紹介したように、Googleが推奨するレスポンシブWebサイトを導入された企業様で実際に自然検索数が伸びるなど、ECサイトでも非常に有効な手段としてレスポンシブwebサイトは注目されています。

そこで今回はレスポンシブwebサイトにてECサイトを展開されておられる企業様を事例にECサイトのレスポンシブ化のポイントをみていきたいと思います。

サイト名 ESTHETIC JAPAN
URL http://www.estheticjapan.com/hint
QRコード  my_qr_code
共通のコンテンツを使う

レスポンシブWebサイトではHTMLソースはもちろん【画像】や【テキスト】もデバイス毎に用意するのではなく基本的に1つの素材を使います。

図1

これまでのECサイト構築はそれぞれのデバイス毎にサイトを構築する必要がありましたがレスポンシブWebサイトでは1つのURL1つのソースで構築/運用していく為、運用効率は格段に向上します。

弊社aishipRを導入頂いた企業様では約60%の運用効率向上が図られています。レスポンシブwebサイトを構築する際はコンテンツの配置をPC/スマホ/タブレットで見た時にどのように配置するのかを決めればレスポンシブWebサイトは構築できます。

【例】ワイヤーイメージ

 

デバイスの特性を考える

次にECサイトを構築する上で最も重要な「デバイスの特性」を考察していきます。

前述したようにレスポンシブWebサイトでは基本的にコンテンツをそれぞれ共通で使います。しかしPCとスマートデバイス(スマホ/タブレット)では大きく違う点があります。それは「マウス操作」と「タッチ操作」です。

PCサイトではテキストリンクもマウスのカーソルを合わせてクリックすることにストレスを感じませんがスマートデバイスではテキストリンクは操作性が悪くミスタッチをしてしまう可能性があります。

よってレスポンシブWebサイトを構築する上ではPCサイトを基準に考えるのではなく画面が小さく操作性をより求められるスマートデバイスを基準に考えていくとスムーズに構築することができます。またスマートデバイスで商品を購入するユーザーは画面が遷移することを嫌います。例えば商品を購入する際に都度カート画面へ遷移すると2商品、3商品買いたいと思っているユーザーは非常にストレスを感じてしまいます。

図2

これではせっかくのお客様も離脱してしまう可能性がありCVRを落としてしまう原因となります。弊社aishipRの場合、モバイルファーストをコンセプトとして作っているプラットフォームになり極力ページ遷移をせずに商品購入をすることが可能です。

図3

まとめ

今回はレスポンシブWebサイトでEC展開をされているESTHETIC JAPAN様を事例にECサイトをレスポンシブ化させる際のポイントをお伝えしました。

現在ECサイトの多くはレスポンシブWebサイトではなくデバイス毎のサイト構築にて取り組まれておられる企業様が多くおられると思いますがデバイスが多様化しマルチデバイス化が急速に進む今ではECサイトもレスポンシブ化することが急務になってきています。

岡村

photo credit: pix.plz via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+