記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

タブレットでの快適ショッピングのポイントはフォーム入力にあり!

タブレットでの快適ショッピングのポイントはフォーム入力にあり!

PCサイトをタブレットでお買い物

先日、調査会社のIDCが2013年中にタブレットの出荷台数を上回り、PC全体の出荷台数も2015年には上回るという予想が発表されていました。

参考:タブレット出荷台数、2015年までにPC全体を上回る–IDC予測

昨年末、Appleから7インチサイズのiPad miniが発売され、より出荷台数の伸びに拍車をかけており、今後個人のネット接続端末はPCからスマートデバイス(スマートフォンやタブレット)などへ確実にシフトしていくでしょう。

では逆に、タブレットに対応していないPC向け通販サイトをタブレットで買い物してみると実際どういう印象を受けるか体験してみようと思い、大手家具通販のニトリでお買い物してみました。

サイト名 ニトリ
URL http://www.nitori-net.jp/
QRコード ニトリ通販QRコード
タブレットでのPCサイト表示は意外と好印象

商品検索やサイト内閲覧はそれほど違和感はありません。タップしたりフリックしたりしながらウェブサイトを見るのは楽しいです。ところどころタップしにくいかな?って時もありますが、そういうときはピンチアウトをしてタップをすれば特に違和感はありませんでした。

ニトリ通販TOP画像

フォーム入力はやっぱり難あり

だた「見てるだけ」なら不便は感じないのですが、いざ会員登録などフォームを入力しようとするとやはり不便だなと感じます。

電話番号が3つに分かれていたり、姓と名が分かれていたり。メールアドレスを2回入力するのもタッチ操作を行う上では少し不便に感じました。

フォーム部分

一般的なPCサイトでもよく使われるラジオボタンのクリックできる範囲を広くするというテクニックが使われてません。

なので支払い方法などラジオボタンでの選択が必要な場合にタップしにくいです。このテクニックはPCサイトでもタブレットでも効果のあるものなので使っていないともったいないところです。(この辺りは追々ご説明します)

また、購入の際の最終確認画面でお届け先情報を編集すると、これまで選択していた決済方法や配送日時などがクリアされてしまいます。入力しにくいタブレットでまた同じ内容を入力しないといけないかと思うと、ユーザーにストレスを与えてしまって離脱してしまいかねません。

まとめ

PCサイトをそのままタブレットで表示していても大きな問題はないと思います。ただあくまでサイト表示であれば十分というレベルです。

ただしPCサイトとは決定的に違うのが入力デバイスです。キーボードやマウスを使うのとタッチパネルとでは使い勝手が大きく異なります。基本的なサイト構成は今までのままでよいと思いますが、少なくともフォームの部分は、タッチパネルを意識した改善を行っていくのがよいのではと感じました。

参考:タブレットサイトのボタンサイズは32px以上がタップしやすい

河野

                   
クラウドECのサイト構築はaishipR-カスタマイズ可能なASP実績No.1

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

レビューカテゴリの最新記事