ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

高島屋グループのオンラインショッピングサイト「SELECT SQUARE」

高島屋グループのオンラインショッピングサイト「SELECT SQUARE」

Responsive Web Design

今回は高島屋グループのオンラインショッピングサイト「SELECT SQUARE」をご紹介します。2013/6/3からレスポンシブWebデザインに対応し、端末サイズに合わせて最適表示ができるようになりました。

サイト名 SELECT SQUARE
URL http://www.selectsquare.com/
QRコード
ポイント

端末のサイズによってPCサイトとモバイルサイトの2パターンで切り替わるようです。タブレットではiPadではPCサイトと同じ表示で、Nexus7ではモバイルサイトが表示されました。

1,TOPページ

2,ヘッダー

ヘッダー部分も、PCではメニューがたくさんありますが、スマホではこれだけの数を表示するとデザイン的によくないので、右上のアイコンにコンパクトにまとめられています。

右上のアイコンをクリックすると、上図のように右からメニューがスライドして表示されます。Facebookなどでも使われているフライオーバーという技術ですね。

参考:レスポンシブデザインで参考になるナビゲーション5パターン

3,TOP画像やニュース

TOPのスライド画像やニュースも、スマホ表示の時は画像数を減らしたりテキストを表示させなくしたりと工夫がされています。

4,商品一覧ページ

商品一覧ページは、PCでは3列表示ですが、スマホでは一列に。商品をそれぞれ上手くブロックでまとめてモバイル表示の場合の配置転換がしやすくされています。

5,フッターメニューやショッピングカート

フッターも折りたたみできるようにすることでコンパクトに。

ショッピングカート内もレスポンシブになっており、どの端末でも購入がしやすくなっていました。

終わりに

レスポンシブデザインで制作されたサイトが徐々に増えてきてるものの、まだまだECサイトでは少ない状況です。

2015年にはインターネットアクセスにおいて、モバイルのトラフィックがPCのトラフィックを抜くという予想がCiscoから発表されています。大きなパラダイムシフトが起こってきてる中で、ECサイトも変化しなければ生き残ることは難しいかもしれません。

参考:Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測

photo credit: adactio via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。