ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】[8/10-8/16]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[8/10-8/16]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[8/10-8/16]スマートデバイス関連のニュース

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【スマートフォン世界販売台数、フィーチャーフォンを上回る】といった内容の調査記事4本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

スマートフォン世界販売台数、フィーチャーフォンを上回る–ガートナー第2四半期調査

http://japan.cnet.com/news/business/35036000/

2013年第二四半期のモバイルOS市場シェアで、スマートフォン販売台数がフィーチャーフォンを上回ったという結果が発表されました。
WindowsPhoneがBlackBerryの販売台数を上回ったことなどが関係していると見られています。

スマートフォン広告とフィーチャーフォン広告、2012年11月で逆転

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1308/16/news027.html

モバイル端末向け広告(モバイル広告)の市場では、2012年11月にスマートフォン向け・フィーチャーフォン向けの広告出稿量が逆転していたことが明らかになりました。
2012-2013年の増加幅がもっとも大きい業種は「小売・専門店の」+4.1%です。

スマートフォン関連ニュース

アップルの中国でのスマートフォンシェア急降下

http://www.j-cast.com/2013/08/12181324.html

アメリカのブルームバーグによると、中国におけるアップルのスマートフォンシェアが前年同期より4%下落したということです。
低価格帯スマートフォンの人気が高く、高価格機種中心のアップルが苦戦している様子です。

尿と微生物でスマートフォンを充電しよう!

http://wired.jp/2013/08/13/charge-smart-phone/

人間がいるところに必ずあるもの、かつ決してなくなる事が無いもので充電をできるようにしたい。
ブリストル・ロボット研究所のメンバーによる新しいスマートフォン充電の方法について紹介されています。

タブレット関連ニュース

ユーザー7社が議論、「仕事に役立つタブレット」の条件とは?

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1308/19/news04.html

タブレットを仕事に取り入れるための課題は何か。
MM総研中村氏による、タブレット導入済み企業7社との議論をまとめた記事です。

軽くて手軽…学校もタブレットの波 山江村など2013年08月18日

http://kumanichi.com/news/local/main/20130818002.shtml

学校授業へのタブレット導入が進んでいます。
熊本県山江村では、村内小中学校3校すべてに1人1台のタブレットを配備することが決まりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。