【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブ&ミニマルデザインなECサイト、INCASE

レスポンシブ&ミニマルデザインなECサイト、INCASE

INCASEミニマル

photo credit: Incase. via photopin cc

ミニマルデザイン

ミニマル・デザイン(Minimal Design)は、あまり使用しない機能のせいでシステムが肥大化することを避け、必要最小限の機能に絞って設計することをいう。必ずしも外観のデザインに限った用語ではないが、外観について言うことが多い。装飾や凝った形状は排除され、平面や直角が多用される。塗装も省略ないし簡易になるため、色調は単色が多いが、木製品では木目をあらわにすることも多い。ーWikipediaより

国内外問わず、ECサイトを含めレスポンシブWebデザインの事例を見ていると、国内と海外でのトレンドの違いというのが見えてきます。

海外ではより情報をそぎ落とし、本当に必要なものだけをユーザーに伝えるミニマルなサイトがよく見られ、逆に日本ではできるだけ具体的に情報を掲載しユーザーが安心して購入できるサイト作りがされています。

今回は海外INCASEを事例に必要最低限な情報をミニマルに掲載し、ユーザーに伝えたいことをシンプルに伝えるECサイトをご紹介します。

サイト名 INCASE
URL http://goincase.com/
QRコード INCASEQRコード
ポイント

TOP

グリッドをベースとしたシンプルな構成をしています。かと言って過度に寂しくならないよう色彩をうまく使い、賑やかな様子を演出しているトップページ。

トグルメニューでカテゴリ一覧はスッキリ

toggleメニュー

スマートフォン版では左端をスワイプするとトグルメニューが表れます。
INCASEはスマートフォンやタブレットのケースの他に、バッグやアクセサリー類も取り扱っているので、プロダクト別だけでなくケースが使えるデバイス別にも検索ができるようになっています。

カートに商品を入れた際の表示

カート表示について

細かいところになりますが、カートに商品を入れた際はこのカートアイコンの色が変わります。少し地味なので数字を表示させればもっとよくなるように思いますが、感覚的に分かりやすいです。

コンテンツを共通化

コンテンツを共通化

レスポンシブWebデザインでのサイト運用を効率化するポイントは、「コンテンツを共通化」させることです。

事例でみる!ECサイトをレスポンシブ化するポイント~ESTHETIC JAPAN~でも紹介したように、画像やテキストをデバイス毎に用意する必要はなくできるだけコンテンツを共通化します。

INCASEの場合は、シンプルが故にコンテンツの共通化を完璧に行っています。スマホ用・PC用の画像やテキストを用意する必要はないので運用コストを大きく下げることができます。

 

終わりに

デザインによって、最小限のコンテンツ構成で商品の魅力を最大限に伝えることに成功している事例でした。

一方カート内の使い勝手はお世辞にもいいとは言えませんでした。ページが非常に重かったり(何度も諦めそうになりました)、打ち間違えた文字のキャッシュがそのまま残り、フォームを一つ一つ消していかなければならなかったりとユーザーにとっては購入のハードルは少し高かったです。

使い心地とデザイン性、両方を兼ね備えることができれば満足度もさらに高くなるのではないでしょうか。

次回のサイトレビューもお楽しみに!

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+