【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

ECサイト構築ASPでタブレット経由の計測は必須事項である理由

ECサイト構築ASPでタブレット経由の計測は必須事項である理由

タブレットでカートに入れる

aishipRの便利な機能についていろいろ紹介させていただいておりますが、今回は商品購入がどのデバイス経由でされるかの計測について紹介させていただきす。

ユーザーがインターネットに接続する端末は徐々に多様化しており、先日総務省から発表された調査でも、2012年末のスマートフォン世帯普及率が49.5%と前年末(29.3%)から大きく伸び、タブレット型端末の普及率も前年末の8.5%から15.3%に大きく上昇しました。

ECサイトでも、どのデバイスからどんな商品が購入されているのかを把握することは、サイト構築や商品展開の面から見ても非常に重要になってくるでしょう。

商品購入でタブレット経由の計測は必須

aishipRはレスポンシブなECサイトの構築が可能なASPですが、どのデバイスで購入されているかどのデバイスからの注文回数、注文数量、売上などが気になるところです。

その数字を知ることによって強い数値を伸ばすのか、もしくは弱いデバイスからのCVRをどう上げるのかなどを検討するためには必要なことです。特に昨今急速な伸びを示しているタブレット経由の計測も今後の戦略上重要になってきます。

aishipRでは、それらを行うためのどのデバイス経由で購入されているかを知ることができます。デバイスはスマートフォン、PC、ケータイはもちろんのこと先程お話したタブレット経由でも計測が可能です。

下図のとおり受注を処理する箇所でもデバイス経由で抽出することも可能ですし、

デバイス経由の集計ができる画像

 

売上の集計をする箇所でも確認することが可能です。こちらは期間を指定して数値を計測することが可能です。

期間指定の集計画像

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

昨今ECサイトはスマートフォンだけではなくタブレット対応も不可欠となってきますが、そのタブレットの流入やCVRを高める必要があります。その基となる数値を確認できるのとそうでないのとでは雲泥の差です。それらを計測することによって、ライバル店の一歩先を行ってはいかがでしょうか。

aishipRではタブレットに対応したECサイト構築を行えることだけでなく、タブレットも含めたデバイスの計測も行えるパッケージされたASPです。ご興味をお持ちになられた方や実際に触ってみたいという方は、ぜひお気軽に「aishipR お問合せ」までお問い合わせください。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+