【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

2000件超えの商品点数でも注文完了までがスムーズなECサイト

2000件超えの商品点数でも注文完了までがスムーズなECサイト

ライトオンオンラインショップ

商品点数が多いECサイトになると、情報の表示方法次第で、サイトのユーザビリティが大きく変わってきます。

スタート(サイト訪問)からゴール(コンバージョン)地点までスムーズに誘導するには、TOPページや商品ページだけでなく、カートページまでも含めたワイヤーフレームの設計が重要になります。

サイト名 Right-on Online Shop
URL http://e.right-on.co.jp/sp/
QRコード ライトオンQRコード
TOPページ

トップページ

1.アイテム総件数の表示

ECサイトにて取り扱っている商品点数が表示されており、サイトの規模感を確認することができます。

2.MENS/WOMEN/KIDS切り替えタブメニュー

メンズ/レディース/キッズとサイト訪問者のターゲット、目的に応じてタブメニューで表示を切り替えています。メンズ/レディース/キッズのジャンルを切り替えることで、新着商品やランキングも切り替わります。

3.基本的な要素を取り入れた一覧ページ

商品画像やアイコン、二重価格の表示やリスト/サムネイル形式の表示切替といった一覧ページの機能として必要最低限とも言える機能が実装されています。

商品ページ

商品詳細ページ

4.選択肢の内容に連動した商品画像

バリエーション選択肢の選択内容(カラー)を切り替えると、それに連動した商品画像に切り替わります。今から購入しようとしている商品のカラーを、選び間違えることもなく、確認しながらカートに入れることができます。

5.商品をカートに入れた後にポップアップ表示

カートページ
商品をカートに入れた後の導線として、商品をカートに入れたことの通知が分かりやすく、表示されたポップアップに従ってショッピングカートに進むこともできますし、表示を閉じて商品ページにとどまることもできます。
商品をカートに入れた後にスグに購入画面に進みたいお客様(=離脱率の低減)にも、商品をカートに入れた後にさらに商品を選びたいお客様(=客単価のUP)にも、どちらにも対応することができます。

カートページ

カートページ

6.O2Oを意識した店頭受け取り選択

カートページに進むと、まず宅配か店頭受け取りかを選択する画面が表示されます。店頭受け取りを選んでもらえれば配送コストが抑えられるだけでなく、お店に足を運んでもらえることにも繋がります。これぞネットからリアルへの誘導です。宅急便で配達されることを嫌うお客様にとっても利用価値が高いです。

7.最適化されたソフトウェアキーボード

キャプチャは郵便番号にカーソルがある時の表示です。

お名前・フリガナと時は全角入力でしたが、郵便番号の位置にくると半角数字に切り替わります。メールアドレス入力時は半角英数字に、電話番号入力時には半角数字に切り替わります。ソフトウェアキーボードの最適化は、誤入力を防ぐだけでなくカート内離脱率を抑えることにも繋がります。

まとめ

TOPページから注文完了に至るまで、全般的にスマートフォンECのシステムとして、ユーザビリティを考慮したサイト設計が行われていると感じました。

葉糸

photo credit: FUNKYAH via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+